トップページ | 2005年11月 »

2005年10月30日 (日)

田口峠越え

今日は気分を変えて八千穂に入るルートに変えてみた。狭岩峡の紅葉の様子を見ようと,上信越自動車道下り線の下仁田ICから田口峠を越えて国道141号線臼田に抜けた。

下仁田ICを降りて,上信電鉄終点下仁田駅手前で国道254を左側に別れる。跡倉を右折し,南牧川に沿って赤岩を過ぎた辺りの駐車場に車を止めて様子を見た。八千穂高原の紅葉が既にピークを過ぎているのに,ここのモミジは未だに青々していた。その先の,狭岩峡も色付き始めたと言うにはまだ早いぐらいです。日本列島は移動さえすれば2ヶ月以上は紅葉を楽しめることを実感しました。2週間後には真赤なモミジとなって訪れる人達を楽しませてくれるでしょう。

DSC_6699 峠越えの細道は南牧川の支流の馬坂川に沿って上っている。広川原で目を引いた蔦漆もこれから紅葉しようとしている。

DSC_6714 墓石を見守っている蔦漆もありました。

DSC_6743 広川原付近の紅葉も始まったばかり。

ビューポイントは【この辺り】

DSC_6747 霊仙峰の麓付近の紅葉が進んできている。車を停め一休みのとき。

DSC_6758 霊仙峰(標高1269m)の紅葉もまだまだ楽しめそうだ。

DSC_6761 手前に見える紅葉も色とりどりの配色を見せている。

DSC_6767 新緑の頃も良いだろう。

DSC_6777 兜岩山手前の"ゴリラ顔岩"

ビューポイントは【この辺り】

DSC_6783田口峠上空の雲は,しばらく待ったが晴れることは無かった。

DSC_6810 田口峠のトンネルを抜け,しばらく下ると不老温泉の下に,緑色の水を湛えた雨川砂防ダム湖が見える。

DSC_6828 貯水量が少し減っていますね。

DSC_6869 通る車もスピードを落としたり,ちょっと止まって景色を楽しんでいました。

DSC_6875 水鳥も離水,飛翔,着水,遊泳を繰り返し,楽しんでいるようでした。

DSC_6891 冬を思わせる肌寒い風が一瞬止んで,体も温かく思えたとき,水面の波紋が引いて,紅葉樹が湖面へ映り込んだ。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

白樺に映え

DSC_6470八千穂高原の紅葉を彩る木々の葉は訪れる人々を楽しませた後は,湖水に漂い,地面を暖める。

DSC_6537 紅葉はこれからも続きます。

DSC_6428 モミジの真下に入るとこの木の大きさが子供の頃を思い出す。子供の頃は見上げた物が何も彼もが大きく見えた。

DSC_6593 八千穂高原の白樺純林の根元にはベニバナイチヤクソウが絨毯のように自生している。気を配りながらも歩いてみると,既に足跡で路ができている。可愛い草花を守りながらも,綺麗なものに近付きたい。

DSC_6596 早く遊歩道が出来れば良いのに。このモミジも直ぐ傍で見れるようになる。

DSC_6599 晩秋の暖かい日差しがとても優しかった。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

静かに訪れる

DSC_6476 快晴でしたね。秋の空。

DSC_6548 風も強く。冬をそろそろ感じさせますね。

DSC_6569 秋の雲はいろいろと面白い。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山初冠雪

DSC_6383

DSC_6374平成17年浅間山初冠雪

DSC_6377 今朝は荒船山もクッキリと見えました。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

冷えた朝

DSC_6320 昨日はもっと紅かった様な気がする。

DSC_6356 短い芝の上に落葉の絨毯が敷きつめられて歩いていると足裏にとても優しい。

DSC_6485 仰ぎ見ると絨毯となった落葉を落とした枝が青空に向って陽を迎え入れています。

DSC_6495 白樺の黄葉ももうしばらく頑張って残っていて欲しい。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

やはりツタウルシ

DSC_6218 駒出池周辺のモミジ

DSC_6267 ツツジの紅葉

DSC_6299 駒出池キャンプサイトに遠目にも鮮やかに存在感をアピールしていたモミジ。

DSC_6302 このツタウルシは駒出池を訪れた人は必ずシャッターを切っていくズミの大木に宿っています。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

八千穂高原紅葉最盛期

DSC_6020 駒出道の黄葉直前の落葉松の幹に絡みつくツタウルシ。緑,黄,赤の変化が目を引きます。

DSC_6029 山モミジの黄葉の中に一段と目を引く紅葉があります。

DSC_6077 あちらこちらに目を奪われます。何方を見ても,紅葉が艶やかです。

DSC_6101 沢の下を覗き込むと,雑木林の中にも,黄葉が・・・

DSC_6113 白樺に寄り添う様に。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

ツタウルシ

051016DSC_5951 八千穂高原の白樺林の紅葉が見頃を迎え,レストハウスふるさと・スキー場・自然園・花木園・レイク周辺・駒出池付近の国道299号線は写真撮り,キノコ採りの駐車,風景堪能ノンビリ徐行車が多い時季となっています。

051016DSC_5968落葉松の上からは鳥達が騒いでいます。林の中から人声が聞こえてきて,驚かされました。鳥達が先に見つけたのはキノコ取りの人達でした。

051016DSC_5983雨にぬれた落葉松に巻きついたツタウルシも良いアクセントになっています。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

一足早い晩秋

信州北八ヶ岳白駒池は八千穂高原より一足早く秋を終わろうとしている。

051015DSC_5828 国道299号線白駒池駐車場から原生林を抜け,左に青苔荘,右に高見石の十字路を真っ直ぐ白駒荘方面に下り,辿り着いた白駒池の湖畔の倒木が横たわっている。

051015DSC_5834 先週末が紅葉のピークだった。東岸のダケカンバの黄葉は一部を残して落葉している。

051015DSC_5840青苔荘前のダケカンバの落葉も進み薄ピンク色の樹肌が冬支度。ドウダンツツジの葉の色も先週の派手やかさは無いが,渋い色で湖面に映えている。

051015DSC_5849 9月23日には色が変わり始めていたダケカンバの葉も,先週のピークを迎えて,3週間過ぎた今週は落葉していた。ホソバノウキミクリは毎年増えているようだ。

051015DSC_5869 ナナカマドの葉も落葉の時季を迎え,色が赤黒く変化してきた。ドウダンツツジも落葉した樹と紅葉を残す樹が混在して,長く訪れる人を楽しませてくれる。

051015DSC_5882 白駒池湖畔の看板裏付近のドウダンツツジもほとんど落葉し,今年は色付きの良かったダケカンバもわずかな黄葉を残すのみ。

051015DSC_5915 青苔荘前のボート乗り場付近のドウダンツツジも最後の彩りを残している。先に散った葉はそれでも水辺を彩っている。

051015DSC_5927 細い木の枝はほとんど丸裸になっているのに,ダケカンバの大木には葉を残す余力を持っているようだ。

051015DSC_5935 落葉したドウダンツツジの枝の下の水面に,居ない筈の魚が泳いでいるように見えた。去年まで見えなかった,ホソバノウキミクリが自生し始めた。

051015DSC_5942 今年最後の見納めか。来年も又訪れる人に様々な感動を与えてくれるだろう。

今年も,天気に恵まれなかった,週末の白駒池紅葉時季,来年は青空の下で輝いてくれることを期待して今日はお別れ。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

幸運の朝焼け

今日は雨の天気予報。朝焼けは全く期待せず,目が覚めてしまったので,支度をして白駒池に登ってみることにした。八ヶ嶺橋から御座山を見るとうっすら紅い。まさかと思いながら車を止めて腹ごしらえ。赤みはますます深さを増してきた。いつもの八千穂レイク湖畔に戻るか,このままここに留まるか,迷ったが,どうせ雨も降っているし,期待外れの朝焼けだからここでしばらく様子を見ることにした。

DSC_5658 5時16分

いつもと違ったドラマの始まりだった。

DSC_5664 5時23分

DSC_5667 5時25分

DSC_5671 5時27分

一段と深く赤みを増してきた。

DSC_5678 5時30分

DSC_5705 5時40分

DSC_5723 5時46分

DSC_5729 5時48分

感動の時

DSC_5747 5時50分

低く垂れ込めた雨雲全体が紅く輝いている。

DSC_5753 5時51分

DSC_5759 5時51分

DSC_5765 5時53分

DSC_5777 5時55分

DSC_5783 5時56分

後ろに異様な気配を感じて,振り向くと大きな虹が架かっていた。

DSC_5795 5時58分

DSC_5811 6時01分

ダイヤモンド?御座山の日の出を迎えて,ドラマの終焉。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月10日 (月)

霧景八千穂高原

051010DSC_5567zumikaba 体育の日の三連休最後の休日も,八千穂高原は小雨模様の霧に包まれた。

051010DSC_5570kisida 黄葉した白樺の根元にシダの葉も色付いている。

051010DSC_5582shuyaku 八千穂高原の春を彩ったズミは今,黄色の実を付け,初夏に白樺純林を飾り付けたレンゲツツジも紅葉し,霧の白樺を引き立てる。

051010DSC_5591zumi 霧雨はズミの実に透明真珠となって潤いを与えている。

051010DSC_5618ouyou 白樺の引き立て役はここにも居た。

051010DSC_5645kiriouyou

051010DSC_5651up ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

白駒池紅葉最盛期

051009DSC_5356sirakoma 今日も朝から雨模様。快晴は期待せず白駒池の紅葉を見に上がる。幸いにも雨は上がり,時に雲間から日が差すようになった。観光客の数は湖畔のビューポイントに佇み景色をゆっくり楽しめないほど 多かった。

051009DSC_5377dake 先週から一段と紅葉は進み,ダケカンバの黄葉とドウダンツツジの紅葉は初めて観る人に歓喜の声をあげさせる。051009DSC_5474ouyou いつも三脚を立てる場所には既に大勢の人達が居る。木々の小枝の隙間から新たな視点を発見する。

051009DSC_5461azuma どこから見ても,美しいなー。

051009DSC_5492hosoba ホソバノウキミクリにドウダンツツジの落ち葉が漂う。

051009DSC_5514seitaidake 青空の元で,撮りたかったダケカンバの黄葉。

051009DSC_5525dake 下のドウダンツツジの色は凄まじい色彩。

051009DSC_5516seitaidoudan カメラマンのあまりの多さ,桟橋からの撮影は三脚も持たずにワンショットだけ慌てて撮る。

ビューポイント【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

原生林

051009DSC_5546koke 雨上がりの苔むす原生林。

051009DSC_5549koke2 ひとくちに苔としか言えない,知識のなさ。また,図鑑で調べる楽しさが加わった。

051009DSC_5555komoyubi この指とまれ。

051009DSC_5558anime 二匹の動物に例えると,あなたは何を思い起こしますか?

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

霧の八千穂高原

051009DSC_5293kiri 10月 9日の八千穂高原は濃い霧に包まれました。白駒池に上る前に,森林浴を楽しみました。

051009DSC_5334ouyou 白樺の落葉も始まって,高原の秋も静かに過ぎていく。

051009DSC_5341zumi 春に赤い蕾から白い花を満開にしたズミは,今,黄色の実を沢山つけている。

ビューポイント【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

メルヘン街道

051008DSC_5201sanshoku 国道299号線はメルヘン街道と呼ばれ,麦草峠からレストハウスふるさとまでダケカンバの中をいくつかのカーブを右に左にハンドルを切っていくと,所々に赤く染まったアクセントを魅せてくれる斜面があります。脇見運転にならないようにご注意ください。

051008DSC_5216R49 第49カーブ付近

ビューポイントは【この辺り】

051008DSC_5232yatugane 八千穂高原スキー場下の八ヶ嶺橋から雨が上がった高原を見ると,茂来山から御座山まで見えました。

051008DSC_5244keiryuu 橋の下には,自然園の飛竜の滝上流の渓谷です。流れは大石川から千曲川へと大きくなっていきます。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

雨の奥蓼科

051008DSC_5109mugikusa 八千穂高原から白駒池へ上るにつれて雨に変わってきた。白駒池の駐車場をパスして麦草峠まで来ると茅野方面から吹き込む濃い霧が視界を遮る。国道299号線を茅野方面に向かって下る。

ビューポイントは【この辺り】

051008DSC_5121misaga 『御射鹿池[みしゃ(さ)かいけ]は八ヶ岳中信高原国定公園内の奥蓼科温泉の入口に位置する農業用温水ため池(昭和8年築造)です。湖面に映る木々の緑の景観が訪れる人達を魅了し,東山魁夷画伯の名画「緑響く」のモデルにもなったといういわれもあります。』湖畔に最近建てられた看板の一部を抜粋。

ビューポイントは【この辺り】

051008DSC_5123misakisi蔦漆の紅も見事です。紅葉もこれからしばらく楽しめます。

051008DSC_5178asidoritaki来週あたりが,紅葉の最盛期になるでしょうか。奥蓼科の明治温泉にあるおしどり隠しの滝です。チャツボミゴケが美しい緑を魅せてくれます。

051008DSC_5191nagare チャツボミゴケが流れを優しく包み込んでいます。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

八千穂レイクの爽快な朝

051008DSC_5028mimei 5時20分

051008DSC_5042yake 5時36分

051008DSC_5067akegumo 5時55分

051008DSC_5077asahiabi 朝日を浴びて輝くカラ松林。落葉松の黄葉はこれから始まる。

051008DSC_5078situgen 日の出とともに風が流れ始め,しばらくすると風も止み,静寂の時が訪れる。

051008DSC_5086miiromomiji 八千穂レイク湖畔の山紅葉は紅葉が始まった。緑から,黄色,赤の葉が混在している。

051008DSC_5089kazemomiji 湖畔に吹く風は微風から始まって,時には強く。

051008DSC_5091doudan 山紅葉の根元にはドウダンツツジの紅葉も彩りを添えている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

駒出池日暮

051002DSC_4944komakare駒出池の立ち枯れた木に良い色の苔も付いて,いつ見ても飽きない。

051002DSC_4949komasima 駒出池小島もミツバツツジの時季を過ぎるとヒッソリとしている。

051002DSC_5012komakaze もうすぐ日も暮れる駒出池。

051002DSC_5002tuta 立派なツタはもとの木を飲み込んでいる。どこまで紅くなるか。

051002DSC_5004kituta このツタはこれから紅くなるの?

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさとから

051002DSC_4919hurusato 10月に入って真夏日記録? 遠く荒船山まで遠望できる。低い雲の間から群馬の山を照らしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

夕雲

051001DSC_4860yulake 北八ヶ岳の八千穂高原は東斜面にあるため,夕陽を浴びることはないが,上空の雲はうっすらと赤く染まった。

初めて見る光景だったので,しばらく見入っていたが,色の変化が早くカメラに収めたのはピークを過ぎてしまった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

白駒池紅葉模様

051001DSC_4568seitair青苔荘前のボート乗り場桟橋から右側にある白駒池で真っ先に紅葉するドウダンツツジ。ここから白駒池の紅葉が始まる。

051001DSC_4578seitail 青苔荘桟橋左側のダケカンバの葉も色付き始めました。黄葉よりも雲の方に目が行ってしまいます。

051001DSC_4583seitaiu 桟橋の後ろにも大きなダケカンバが有ります。見上げると色付き始めた黄葉が朝日を浴びて秋空に映えています。

051001DSC_4611kanbandoudan 青苔荘と白駒荘の西側遊歩道の間に白駒池の大きな看板が有ります。そのそばに白駒池の紅葉の先頭を切って赤くなるドウダンツツジが在ります。

051001DSC_4629ksbskont 白樺の黄葉とドウダンツツジの紅葉が白駒池の青と彩りを競い合っているようです。

051001DSC_4647kanabanmizu ドウダンツツジ越しには,白駒荘東岸の湿原?地帯が遠望できます。

051001DSC_4665douda ドウダンツツジの紅葉は間近で見ても美しい。

051001DSC_4671tubomi 今年のドウダンツツジは花を多く付けました。

051001DSC_4700doudan 白駒荘のテーブルデッキ下に,倒木に根付いた小さなドウダンツツジが真っ赤に紅葉しています。

051001DSC_4763kouyo 西岸のドウダンツツジも紅葉準備を始め,来週の連休には訪れる人々を楽しませてくれるでしょう。

051001DSC_4775mizukusa 白駒池西岸のホソバノウキミクリが伸びた穂先を水面でなびかせています。

051001DSC_4778sitagyaku 白駒池の南西岸に生息するヒルムシロが水面に顔を出している。

051001DSC_4781kouyouhajime 白駒池東岸のドウダンツツジもやっと色付き始めた。

051001DSC_4802minidouda 白駒荘前の倒木に根付いた小さなドウダンツツジが小さな秋を演出している。

051001DSC_4809minishaku倒木に根付いたのは,ドウダンだけではなかった。良く見ると,白山石楠花の葉が青々と元気だ。

051001DSC_4816kanaba ダケカンバの黄葉もやっと始まったようだ。

051001DSC_4830yuusira 雲の流れる変化は想像力をかきたてる。

051001DSC_4850ore去年までは真っ直ぐに水面から顔を出していた,龍にも思えたこの倒木も,風雪に耐えきれず,折れて首をうなだれてしまったようだ。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

浅間山遠望

051001DSC_4557asama 八千穂レイクの朝焼けを見てから,白駒池に昇る途中,レストハウスふるさとから浅間山の朝景を見に立ち寄る。

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

朝焼けレイク

051001DSC_4500asa  5時10分

051001DSC_4515asa  5時26分

051001DSC_4524asa  5時28分

051001DSC_4545asa  5時38分

ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年11月 »