« 蝉の渓谷 | トップページ | 八ヶ岳夕景 »

2005年11月23日 (水)

渓谷の彫刻家

八千穂高原の冷込みは本格的な冬到来を感じさせる。雪も,ぱらつく程度は降って,渓流の苔の上にウッスラかぶっている。渓流の流れは時に穏やかに,そして激しく流れて飛散する。暴れん坊の水達も石にぶつかり急に冷え込んで小さな氷となる。その氷の創り出す光と陰との透明感がここにあった。

DSC_7785 DSC_7801 DSC_7822 DSC_7825 DSC_7828 DSC_7837 DSC_7840 DSC_7849 DSC_7858 DSC_7876 DSC_7882 DSC_7897 DSC_7906 DSC_7912

« 蝉の渓谷 | トップページ | 八ヶ岳夕景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渓谷の彫刻家:

« 蝉の渓谷 | トップページ | 八ヶ岳夕景 »