« 寄り道 | トップページ | 初めての出会い »

2005年12月25日 (日)

氷点下14℃

DSC_9351 午前6時のNHKニュースを見ていると,キャスターの後ろの東京渋谷の様子がビル街をシルエットに赤く朝焼けし始めている。八千穂高原も朝焼けか?残念ながら雲の無い青空での朝焼けはこの程度。

DSC_9354 荒船山をシルエットの東の空も白々明けてきた。

DSC_9363 レストハウスふるさとからは冬空の澄んだ空気が気持ちよい。昇り始めた朝陽に浅間山もうっすら朱に染まっていた。

DSC_9372 荒船山のはるか後方に榛名山と赤城山が重なっている?これ程はっきり見たのは初めてだ。

DSC_9381 細長く雪の着いた佐久パラダスキー場の後方には谷川岳か?始めて見たー。

DSC_9384 ふるさとから松原湖方面に下る。稲子道に寄り道して天狗岳(2646m)を見に行った。正面に東天狗が白く存在感を示している。右側にチョコンと飛び出た天狗の鼻。東天狗の山頂から更に左側に根石岳(2603m)が白く美しい。

DSC_9399 東天狗の右側に稲子岳がある。右の突起がニュウ(2352m),左に伸びて南壁の切り立った稲子岳(2380m)も新雪で青空に映えている。

DSC_9402 根石岳(2603m)の左には硫黄岳(2760m)の噴火口が切り立っている。その奥は横岳(2825m),赤岳(2899m)の頭がチョット覗いてる。

DSC_9412 松原湖に降りて,雲一つ無い八ヶ岳連峰を望む。

長野県小海町の看板によると

松原湖(標高1123m),正式名は猪名湖,八ヶ岳の爆裂で生じた丘陵くぼ地に大月川が氾濫,生成されたという。12月下旬から全面氷結し降雪が少ないためスケートに適し,スケートのメッカとして賑わい多くの名選手を生みだした。

面積 0.12k㎡  周囲 1.96㎞  最深 7.7m

DSC_9442 左から,編笠山(2524m),権現岳(2715m),赤岳(2899m),横岳(2829m),硫黄岳(2760m)と南八ヶ岳の山々が続いている。稜線からは雪冤が上がり,晴れてはいても相当に寒そうだ。

DSC_9445 硫黄岳に続き,夏沢峠を挟んで根石岳,天狗岳,稲子岳と北八ヶ岳の山々が白く美しい。

« 寄り道 | トップページ | 初めての出会い »

コメント

koideさん,こんにちは。
日曜日はふるさとから松原湖方面に下り,稲子道に向い正面に天狗岳の見えるところまで来て,上の撮影を終わった時,雲もなかったので松原湖に直ぐに向うため,Uターンして小海リエックス経由で降りてしまいました。そのまま,稲子湯経由で松原湖に降りるコースをとれば,途中の八岳の滝入口でkoideさんの車を見付けられ,ご一緒出来たのですね。残念でした。

投稿: Marron | 2005年12月29日 (木) 14時19分

Marronさんこんばんは。
Marronさんの山の名前の説明を見ながら勉強中です。
あの絶壁のような山は火山なんですね。
Marronさんも冬山登山は気をつけて下さいね。

Marronさんが東天狗岳を撮影している頃、多分私は滝にてひとりで撮影していたと思います。途中一人だけ来られましたが、すぐに帰られて、あとは私ひとりで12時頃まで滝をたっぷりと楽しんでおりました。

冬至過ぎということで、イメージしていた作品作りはできませんでしたが、だいたいの予定がつかめたので来年になったらまた出かけてみたいと思います。

投稿: koide | 2005年12月28日 (水) 23時34分

koideさん,こんばんは。
天狗岳は西天狗岳と東天狗岳の総称と言われているようです。西天狗岳の方が標高は高いのですが,松原湖側からは東天狗岳しか見ることができません。写真で見て,右側の天狗の鼻を迂回して東天狗岳の頂上に出て,西天狗岳への登山道と根石岳へのルートに分かれます。根石岳へは細い尾根に鉄の橋が掛けてありその下には人の横顔に見える奇岩があります。下から見てもそれらの道が目に浮かびます。機会をつくって,今度は天気の良さそうな時に歩きたくなりました。
28日は早起きできて,八千穂を廻られたのですね。また,koideさんの降り積もった雪に残った足跡をトレースしたのですね。今度は,いつニアミスでしょうか。それとも,バッタリお会いできますか。

投稿: Marron | 2005年12月28日 (水) 21時40分

こんばんは。
あの大きな山は東天狗岳というんですね。
人に聞かれて、東天井岳とうそを教えてしまいました。
marronさんとはすれ違いだったようですね。
私の方が数十分早く通過していたようです。

投稿: koide | 2005年12月28日 (水) 02時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷点下14℃:

« 寄り道 | トップページ | 初めての出会い »