« 初めての出会い | トップページ | 昼の松原湖 »

2005年12月31日 (土)

高ボッチ

高ボッチがこれほど素晴らしい場所とは思いませんでした。鉢伏山まで移動すれば,北西から西方面の北アルプス,南西の御嶽山,南方面の南アルプス,南東方面に富士山,東方面に八ヶ岳・北八ヶ岳・蓼科山まで一望できてしまう。しばらく通うことになるのだろうか。

DSC_9573 八千穂から八ヶ岳を南回りで,諏訪方面に向かう途中の国道141号線野辺山高原からの八ヶ岳を見る。左から赤岳,横岳,硫黄岳だろうか。

DSC_9579 八千穂から約二時間で高ボッチ第一駐車場に着いた。車を置いて,諏訪湖を見下ろせる場所まで2~3分歩く。昨日より暖かく,枝に着いた霧氷は無い。左に八ヶ岳,太陽の真下付近に富士山が霞んで見える。その右側に南アルプス・中央アルプスが続く。この場所は,早朝に来てみたい。

DSC_9603 第二駐車場に来ると,北アルプスのパノラマが広がる。

DSC_9606 左から西穂高岳(2701m),明神岳(2931m),前穂高岳(3090m),奥穂高岳(3190m),涸沢岳(3110m),北穂高岳(3106m)

DSC_9609 北穂高岳に続き,南岳(3033m),中央の尖った中岳(3084m),右の尖った槍ヶ岳(3180m)

DSC_9612 尖った槍ヶ岳に続いて,ずっと右には常念岳(2857m)

DSC_9615 常念岳の右側に大天井岳(2922m)

DSC_9618 大天井岳からは表銀座縦走コースと呼ばれる尾根が燕岳(2763m)へと続いている。

DSC_9621 燕岳からの尾根は餓鬼岳(2647m)に続いて稜線は下り,右端に針ノ木岳が見えてくる。

DSC_9624 針ノ木岳(2821m)と並んで蓮華岳(2799m)DSC_9627

右側は爺ヶ岳(2670m)

DSC_9630 爺ヶ岳の右に鹿島槍ヶ岳(2889m),五竜岳が続く

DSC_9633 五竜岳(2814m),唐松岳(2696m),鑓ヶ岳(2903m),杓子岳(2812m),白馬岳(2932m)の白さが際だつ。

DSC_9636 八方尾根に続き小蓮華山(2769m),乗鞍岳(2469m)の栂池へと北アルプスの山々を見ることができる。

高ボッチ第二駐車場

DSC_9684 八ヶ岳を全貌する場所に移動。左に北八ヶ岳,右に(南)八ヶ岳

DSC_9687 白く雪の積もった車山高原の後ろに蓼科山が見える。

DSC_9690 蓼科山の右に北横岳(2473m)

DSC_9693 北横岳の右に縞枯山(2402m),茶臼山(2380m)が並んでいる。

DSC_9696 中央の窪みが麦草峠,その右に丸山(2330m)

DSC_9699 丸山より右に中山(2496m),一段高く天狗岳(2646m)

DSC_9702 天狗岳の右に硫黄岳(2765m)

DSC_9705 硫黄岳の右に横岳(2829m)が続く

DSC_9708 阿弥陀岳(2805m)の奥に赤岳(2899m)が切り立っている

DSC_9711 権現岳(2704m)の右に手前の西岳(2398m)と重なるように頭を出している編笠山(2524m)の八ヶ岳連峰が一望できた。

DSC_9717 最後のおまけに富士山まで付いてくる。更に,南アルプスまでも見ることの出来る素晴らしいビューポイントを知りました。誰でも,知っている高ボッチ,Marronだけが知らなかった高ボッチ。

高ボッチ高原

« 初めての出会い | トップページ | 昼の松原湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高ボッチ:

« 初めての出会い | トップページ | 昼の松原湖 »