« 連日の高ボッチ高原 | トップページ | 高ボッチ高原 »

2006年2月 4日 (土)

八岳の滝

快晴の八千穂高原をいつものように流してみる。

DSC_1797 まずはいつものようにレストハウスふるさとから浅間山を見る???? ?今朝の浅間山は雲に隠れて残念ながら見られなかった。

DSC_1803 昨夜降った雪は風に吹かれてカラ松林を飛び回っている。

DSC_1809 八千穂高原に降る雪はさらさらの軽い雪なので,落葉松の枝に残る時間は短い。風に吹かれたり,陽の暖かさで雲に昇ったり。

DSC_1818 カラ松林の花道から北八ヶ岳の東天狗岳が真っ白に雪化粧して美しい。

DSC_1828 仰ぎ見る東天狗岳は真っ白で,美しいが,稜線の雪冤は真冬の雪山の厳しさを連想させる。

DSC_1833硫黄岳も綺麗だが・・・・

DSC_1837 昨日の雪が北八ヶ岳を覆っている。

DSC_1843 稲子岳~ニュウがこれほど白く見れるチャンスは多くない。

DSC_1852 稲子道を 暫く下って,八岳の滝に来た。小川を渡ってここまで上る間に,水を飲みに来たのだろう,鹿の足跡が山道を横断していた。

DSC_1855 これは凄いぞ。岩からしみ出た水が石(氷?)筍となっている。

DSC_1891 これも,岩から氷がしみ出ている様だ。しみ出た水が凍った様に見えない。

DSC_1957 氷柱の先端の鋭さは圧巻です。

DSC_1917 厳冬期だからここまで近づいて見れる。

もう少し,見たい方は

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=775965&un=121793&id=45&m=2&s=0

に,どうぞ。

DSC_1962 八千穂レイクに戻ってきた。今日も氷上はサーキットとしてラリーカーが練習していた。縞枯山や茶臼山は残念ながら雲に見え隠れしていた。

DSC_1968 八千穂高原は雲の多い空だったが,綺麗な澄んだ青空だった。

DSC_1975 この辺の氷は薄いので車に荒らされず,綺麗な雪原が見れる。

DSC_1983 動物の足跡だけが残っている遊歩道を散歩した。

« 連日の高ボッチ高原 | トップページ | 高ボッチ高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八岳の滝:

« 連日の高ボッチ高原 | トップページ | 高ボッチ高原 »