« 菅平高原 | トップページ | 霧氷輝く高原 »

2006年2月12日 (日)

雪の合間

八千穂高原は夜半に降った雪が昇る朝日に輝いた。

DSC_2529 乾燥したサラサラな雪は時折吹く風に舞い上がる。

DSC_2556 レストハウスふるさとから浅間山は雲に隠れて見ることができなかった。

DSC_2568 落葉松にウッスラ積もったサラサラな軽い雪。

DSC_2574 もみの木の緑に白のアクセント。

DSC_2610 時折枝に積もった雪が風に飛ばされて舞い降りる。

DSC_2634 除雪された雪の塊に新雪が積もり,新たな形が生まれ出る。

DSC_2637 国道299号線の脇に踏み荒らされない綺麗な雪原が残っている。

DSC_2662 珍しくカラ松林の枝が雪化粧している。

もっと,見たい方は

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=779945&un=121793&id=45&m=2&s=0

で,ご覧下さい。

DSC_2670 長野牧場から見ると,浅間山にかかった雲が夕陽に紅く染まっていた。

DSC_2673 良く見ると赤い雲にかくれんぼしている浅間山が見えた。

DSC_2676 北八ヶ岳の上空にかかった雲も紅く夕焼けしていた。

DSC_2679 夕陽は既に沈んでしまった。

DSC_2694 綺麗に並んで植えられた落葉松の並木道。

DSC_2703 真っ赤に焼けた綿雲がポッカリと浮かんでいる。

DSC_2718 日が沈んで急に冷え込んできた。

« 菅平高原 | トップページ | 霧氷輝く高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の合間:

« 菅平高原 | トップページ | 霧氷輝く高原 »