« 残雪山歩き | トップページ | 志賀高原 »

2006年4月16日 (日)

春の雪

夜半からの雪は朝まで降り続いた。春を待つ八千穂高原は一面の雪化粧。

Dsc_4551 レストハウスふるさとの駐車場への入口にある大きなふだんは無骨に見える岩も綺麗に化粧した。

Dsc_4557 雪は降っているが気温も低くないし,風もないので快適だ。

Dsc_4566 落葉松もいつ新芽を出そうか迷っているようだ。

Dsc_4573降り続く雪のため,いつもの浅間山も見ることができない。

Dsc_4576 koideさんの撮られた東屋もウッスラ雪を被っている。と,思っていた東屋は聖高原の物だったそうです。

Dsc_4581 レストハウスふるさと下の落葉松の密林地帯。

Dsc_4585 今年折れてしまった落葉松。

Dsc_4591 レンゲツツジもそんなに寒がっていないようだ。

Dsc_4594 今年も白樺に良く映えるオレンジ色を見せてくれるだろう。

Dsc_4618 白樺の幹がモノトーンに包まれている。

Dsc_4627 最近,落葉松の良さを見直してきた。

Dsc_4630 雪雲が少し薄れてきたようだ。雪も小降りになってきた。

Dsc_4640 八ヶ嶺橋から太陽も少し顔を出してきた。雪も止み,心配していた自転車競技も何とか開催されるよう。

Dsc_4663 ツールド八ヶ岳の役員として閑人舎オーナーも軽トラで走り回っていた。

« 残雪山歩き | トップページ | 志賀高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の雪:

« 残雪山歩き | トップページ | 志賀高原 »