« 麦草峠開通 | トップページ | 八千穂連休 »

2006年4月30日 (日)

いよいよ始まった八千穂レイク朝焼けシリーズ

今年も飽きずに八千穂レイクの朝焼け詣で

Dsc_4947 登ってくるのが15分遅かったか。到着したときは既に地平線が赤く色付いていた。

Dsc_4986 2層の下の雲が紅く焼けた。

Dsc_5023 焼けた後には目玉焼きの出来上がり。ったく~,情緒のない表現だな~。最近,初めて観たときの感動を忘れてしまっているようだ。慣れ過ぎてはいけませんね。

もっとご覧になりたい方は,

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=823307&un=121793&id=45&m=2&s=0

ビューポイントはこの辺り,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&size=500,450&nl=36/04/25.622&el=138/23/38.593&&coco=36/44/29.767,138/24/56.923&icon=mark_loc,,,,,&scl=70000

Dsc_5040 八千穂レイク湖畔を歩いていると小雨が降り出し保養所上に虹が架かったので慌ててカメラをセットしたときには既に消えてしまった。

Dsc_5051 昨年暮れから工事の始まった遊歩道の雪も溶けたので一回りしてみた。北レイク線の八千穂レイク入口から駒出池キャンプ場に向かう従来からの遊歩道をしばらく下ると東家がある。その左側を見ると,ご覧のような遊歩道が整備された。北レイク線に平行して上る。

Dsc_5055 遊歩道の直ぐ右側に形の良い枝振りを見せる樹が目を引いた。

Dsc_5058 遊歩道は時に蛇行し,

Dsc_5061 時に急な階段となり,

Dsc_5064 急ぐわけでもないからゆっくりと周りを楽しんで,しかも足元には木っ端を敷き詰めてあるので,歩いていて足裏にとても優しく,気持ちが良い。

Dsc_5067 遊歩道はここで左側の野外ステージからの林道と交差する。

Dsc_5070 交差点を過ぎた直後に,遊歩道両脇の白樺の間から余地岩が正面に見える。

Dsc_5076 この辺りが白樺の密生度が高くレンゲツツジも多く自生している。6月になると人で賑わうことだろう。

Dsc_5079 最後の坂を上りきると国道299号線に出る。

Dsc_5082 工事中の北レイク線を下から見る。左手に八千穂レイク,右手は野外ステージ方向。一段堀下がっている部分が舗装道路で,その左側に少し高くなっているのは,遊歩道の併設工事と思われる。これが遊歩道なら車の往来を気にすることなく散歩や撮影に没頭できます。今まで,車を停めさせてしまっているカメラマンを何人か見かけたので,これからは人も車も安心して楽しめるでしょうか。

Dsc_5084 今朝は,長い朝の散歩だったな~。

桜見物で妙義山経由で帰ろうと中込から国道254コスモス街道を行くことにした。

Dsc_5110 すると右側にしだれ桜が山門や参道の石畳を覆い被さるようにしながら風にたな引いているのが見えた。バックして,すぐさま見物。

Dsc_5107 正安寺とあった。

Dsc_5136 駐車場に車を止め,境内をぐるっと一廻り。桜の名所でもないのだろうが,立派な桜がいっぱいありゆっくりと桜見物が楽しめた。

Dsc_5172 桜だけではなく立派な檜も良く手入れされている。

Dsc_5130 檜と桜と紅葉がそれぞれの季節を演出してくれる。

Dsc_5095 駐車場のしだれ桜

Dsc_5119 参道を覆うように染井吉野。

Dsc_5179 観音様も桜の下で。

ビューポイントはこの辺り

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&size=500,450&nl=36/13/39.668&el=138/30/52.695&&coco=36/44/29.767,138/24/56.923&icon=mark_loc,,,,,&scl=70000

« 麦草峠開通 | トップページ | 八千穂連休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ始まった八千穂レイク朝焼けシリーズ:

« 麦草峠開通 | トップページ | 八千穂連休 »