« ドイツの朝 | トップページ | レンゲツツジの八千穂高原 »

2006年6月 8日 (木)

ドイツの夕景

ドイツ・ハンブルグ滞在最後の夕

Cimg0157 仕事を終え,日が暮れるまでの長い時間をヨットで楽しむ人々。

Cimg0162 変わった形の木の下のベンチで語らう人々。

Cimg0164 なかなか沈まない太陽が北欧の人達の夏を楽しませてくれる。ハンブルグの北緯53°35′は札幌の43°より10°程北にある。

Cimg0171 明るい陽を浴びての夕食を楽しむ。

Cimg0168 湖からの風も穏やかで食事が美味しい。

Cimg0173時刻は現地時間で20時を過ぎたばかり。日本時間は翌日の03時。今月からサマータイムに入り日本時間との時差は7時間遅くなっている。

Cimg0176 先程楽しんでいたヨットはさすがにこの時間には係留されていた。

Cimg0175 淡紫のシャクナゲの花も真赤に染まってしまった。

Cimg0177 この夕陽がハンブルグから沈むのは未だ2時間近く後の22時30分ごろ。

« ドイツの朝 | トップページ | レンゲツツジの八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの夕景:

« ドイツの朝 | トップページ | レンゲツツジの八千穂高原 »