« ドイツの夕景 | トップページ | 八千穂レンゲ高原 »

2006年6月11日 (日)

レンゲツツジの八千穂高原

二週間ぶりの八千穂高原はミツバツツジは終わって,レンゲツツジへと装いを変えていた。

Dsc_6448 白樺に映えるレンゲツツジは何時見ても素晴らしい。

Dsc_6581 咲き始めたレンゲツツジは未だ高原中を埋めつくしてはいない。

Dsc_6499 新緑の木々の間を縫って遊歩道を歩いていると,鳥達の鳴き声が直ぐ傍で聞こえる。

Dsc_6503 ベニバナイチヤクソウの可憐な花が林立している。

Dsc_6589 二週間前は一輪しか咲いていなかったクリンソウも満開になっていた。

Dsc_6604 二週間前はツボミだったレンゲツツジも全てに花が付いた。来週は散っているだろう。

Dsc_6496 3月20日から始まった道路改良工事は予定の6月2日に終わらず,30日まで延期された。レンゲツツジの時季には終わって欲しかった。

Dsc_6583 千代里牧場も木草が育てば牛達が放牧されるのだろう。

« ドイツの夕景 | トップページ | 八千穂レンゲ高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レンゲツツジの八千穂高原:

« ドイツの夕景 | トップページ | 八千穂レンゲ高原 »