« レンゲツツジの八千穂高原 | トップページ | 美ヶ原 »

2006年6月18日 (日)

八千穂レンゲ高原

今年も八千穂高原のレンゲツツジが満開となり,大勢の人が訪れた。春蝉の鳴き声が静かな八千穂高原いっぱいに鳴り響く。

Dsc_6697 八千穂高原のレンゲツツジが他の場所と違っているのは,なんといっても純白の白樺純林をバックに咲いていることだ。

Dsc_6715 この株は咲き始めたばかり。来週までは彩ってくれるだろう。

Dsc_6733 葉の緑とのコントラストが美しい。

Dsc_6745 白樺純林の足下には可憐なベニバナイチヤクソウの群生が目を引いた。

Dsc_6781 間近に見るとピンク色が思ったより淡い色をしている。

Dsc_6637 クリンソウも未だ元気。

Dsc_6661 タンポポも今週が見納めになるだろう。

Dsc_6655 アカツメグサの淡い色がとても優しい。

Dsc_6631 八千穂高原の彩りもレンゲツツジからアヤメにバトンタッチしていく。

Dsc_6844 八千穂高原入口の夢の森から国道299号線の旧道を少し上がったところに,毎年畑一面にポピーの花が咲く。地元の菊地さんが丹念に手入れされ,通りすがりの車もスピードを落としながら見ていく。

Dsc_6799 今年も写真を撮らせてもらいました。

Dsc_6830 撮影中に菊地さんとお話が出来ました。「毎年,楽しまさせてもらっています。ありがとうございました。」

« レンゲツツジの八千穂高原 | トップページ | 美ヶ原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂レンゲ高原:

« レンゲツツジの八千穂高原 | トップページ | 美ヶ原 »