« 八千穂レイク | トップページ | 梅雨明け »

2006年7月29日 (土)

いつまで続くか朝焼け詣で

今朝も,来てしまった。八千穂レイクの朝。

Dsc_7875 明けの明星・金星がそろそろ消えかかるころ。期待を持たせる薄雲が良い感じ。

Dsc_7886 カラマツの上に赤い筋が入り始めた。

Dsc_7892 先週は上を向いていたコオニユリの蕾は首をうなだれて,朝焼けを見ている。

Dsc_7896a オダマキとチダケサシは涼風に穂先を揺らしている。

Dsc_7920 今朝のピーク

Dsc_7962 コオニユリは下を向きながら開花するので,蕾が俯き加減ということはボチボチ咲いてくれるね。

Dsc_8030  5時 7分日の出

Dsc_8040 雲を見上げるチダケサシも朝陽を浴びてピンク色が金色に輝く。

Dsc_8064 コモウセンゴケの水玉が美味しそう。

Dsc_8094 また,虫に喰われてしまった。今度は,額をやられた。

« 八千穂レイク | トップページ | 梅雨明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつまで続くか朝焼け詣で:

« 八千穂レイク | トップページ | 梅雨明け »