« 小雨の散歩道 | トップページ | 八千穂レイク »

2006年7月22日 (土)

八千穂高原から白馬岳へ

長野県に大雨を降らせた梅雨前線も去って,久々に暑い夏が戻ってきたような信州。千曲川の水位は橋桁の上部にまで達している所もあり,茶色い水の流れは激しく波打っていた。今朝も,何時ものように八千穂レイクで夜明けを迎えた。

Dsc_7506 湖畔に立つと,暗幕のカーテンが開き始めていた。

Dsc_7510 カーテンは半分ほど開いて,期待されるドラマが始まった。

Dsc_7516 今朝はカーテン雲が厚過ぎて,空一面には焼けなかったが,落葉松越しにはまるで山火事のように赤く染まった部分がある。

Dsc_7528 残念ながら本日の朝焼けはこれで終りとばかりにカーテン雲が降りてきた。

Dsc_7540 幕引き際に北の空には朝陽を浴びた雲が漂っている。

Dsc_7603 隠れた朝陽は雲間から荒船山にスポットライトを当てている。

Dsc_7612 物足りない朝焼けではあったが,天気も悪くないので,懐かしの八方にでも行ってみようか。気ままな,Marronは気楽に移動。行こうと思っていた道とは違う道順でカーナビに白馬に案内されてしまった。霞んで見えるのは五竜・八方スキー場。

ビューポイントはこの辺り

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=250000&el=137%2F54%2F02.393&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F39%2F20.722

Dsc_7621 白馬五竜スキー場

Dsc_7615_1 八方尾根スキー場

白馬駅から黒菱まで車で上る。和田野の森のペンション街を抜け,咲花ゲレンデ横を通過,黒菱林道に入り咲花ゲレンデの中を九十九折りに上っていく。夏のゲレンデは放牧場となって牛達がのんびり牧草を食んでいた。

Dsc_7624車を降りて黒菱第3リフトに乗り換え,キスゲの咲く鎌池からグラートクワッドリフトへの乗り場に向かう。

Dsc_7639 木道から見るキスゲ

Dsc_7716 間近で見るとこんな感じ。

Dsc_7699 鎌池に映る。

Dsc_7706_1 白馬鑓ヶ岳,杓子岳,雲に隠れた白馬岳の白馬三山。

Dsc_7722_1 しばらく待ったが雲は次から次へと沸きだして,全容を見せてもらえなかった。

Dsc_7730 今日はここまで。

Dsc_7681_1ラートクワッドリフトを降りると,雲が下から沸いてきた。

Dsc_7730_1ここから見ると白馬三山が間近に迫ってくる感じがする。スキーシーズンは滑ることに夢中で山の風景など気にも止めていなかった。

今日は,フラッと来てしまったので時間に余裕もなく,これ以上登れない。また,近いうちに八方池まで登ってみよう。

Dsc_7736_1八千穂への帰り道,道の駅「中条」からのアルプス夕景で本日終了。

« 小雨の散歩道 | トップページ | 八千穂レイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原から白馬岳へ:

« 小雨の散歩道 | トップページ | 八千穂レイク »