« 今朝もまた | トップページ | 八千穂高原から白馬岳へ »

2006年7月16日 (日)

小雨の散歩道

深夜降っていなかった雨が未明に降り出して今朝の朝焼けはお預けとなった。小降りとなって霧も舞い始めたので八千穂高原の新遊歩道を散歩する。

Dsc_7453 北レイク線の国道299号線三叉路に駐車して一番高いところから,白樺の小路を降りていく。名前の通りこの辺りは白樺純林に囲まれている。

Dsc_7463 未だ7月中旬だというのに気の早いウルシが紅葉している?このところ急に暑くなったからだろうか。そういえば,去年も8月よりも7月の方が暑かった。

Dsc_7474 遊歩道新設工事で掘り起こされた樹の根が岩の上にオブジェとして飾られている。

Dsc_7476 遊歩道は木っ端のチップを敷き詰めて,とても足裏に優しく歩きやすくなっている。驚いたことにタバコの吸殻が既にいくつか落ちていたことだ。マナーの問題だけでなく,山火事防止のためにも是非止めてもらいたい。

Dsc_7480 4月30日以来見ていなかったが,綺麗な葉をつけて周囲の白樺を圧倒している。晴れた日は目の前の乾いたベンチに腰掛けてしばらく観賞するのが良いだろう。

Dsc_7486 遊歩道の駒出池キャンプ場への分岐点の東屋で休憩し折り返す。北レイク線を横断し,朝焼けを見れなかった八千穂レイクの湖畔を一周する。堤にはアカツメグサ,シモツケグサ,ネジバナ,ウツボグサ,ホタルブクロ・・・が色とりどりに咲いている。

Dsc_7489 八千穂レイクのお気に入り。

Dsc_7495 ウツボグサの群生が遊歩道の足元で楽しませてくれる。

Dsc_7500_1北レイク線に出て三叉路に向かい左手の白樺純林を見ながら新遊歩道を登る。

Dsc_7504 ここにも,樹形の良いドングリの樹(コナラかな?)があった。

« 今朝もまた | トップページ | 八千穂高原から白馬岳へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小雨の散歩道:

« 今朝もまた | トップページ | 八千穂高原から白馬岳へ »