« いつまで続くか朝焼け詣で | トップページ | 八方池まで »

2006年7月30日 (日)

梅雨明け

関東甲信越梅雨明け。

Dsc_8118 上空には厚い雲。朝焼けは期待薄。今朝は,カメラマンが多く待ち構えているというのに,気ままな朝陽は雲に隠れたままか。

Dsc_8139 こんな時もあるものだ。間近の低い雲が一部焼けて,ピンクの綿あめの出来上がり。

Dsc_8166 チダケサシが枯れるころトンボのねぐらとなって朝を迎えることになる。

Dsc_8175 明るくなって気がついた。向うの岸辺にコオニユリが咲いている。

Dsc_8190 こちらは草原にポツリと佇んでいる。

Dsc_8193 今朝まで降っていた雨に濡れたまま。

Dsc_8223 雲と雲の間に湯ノ丸高原・浅間山。

« いつまで続くか朝焼け詣で | トップページ | 八方池まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け:

« いつまで続くか朝焼け詣で | トップページ | 八方池まで »