« 霧の八千穂高原 | トップページ | 立山本峰雄山に立つ »

2006年8月27日 (日)

連日霧の八千穂高原

昨日に続き八千穂高原は霧に包まれた。

Dsc_9330 霧が後方の白樺純林を幻想的に演出してくれた。

Dsc_9347 レンゲツツジの葉も色付き始め,高原は早くも秋の準備を始めたようだ。

Dsc_9358 遊歩道の脇にツリガネニンジンが咲いていた。

Dsc_9367 先程上がった霧雨はツリガネに滴となって揺れている。

Dsc_9379 風に吹かれて揺れる有り様は,その名の通り,教会のツリガネが揺れて,可憐な音を奏でているようだ。

Dsc_9383 雄しべは花弁に隠れ,雌しべが鐘を鳴らすように揺れるのか。

Dsc_9387 風に揺れるのも良いけれど,暫くソッと動かずにいてもらいたい。

Dsc_9410 八方尾根で見かけたハクサンシャジンと同じ種類だそうだ。ハクサンシャジンはツリガネニンジンの高山型の称呼。八千穂高原ではツリガネニンジンと呼ばれている。

Dsc_9419 霧が晴れ始めた八千穂レイクの湖畔には秋の気配が感じられるようになってきた。

Dsc_9439 八千穂高原から佐久への帰路に,長野牧場の脇を通った。

« 霧の八千穂高原 | トップページ | 立山本峰雄山に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連日霧の八千穂高原:

« 霧の八千穂高原 | トップページ | 立山本峰雄山に立つ »