« レイクの朝 | トップページ | 八島湿原夕景 »

2006年8月16日 (水)

咲いたコオニユリ

7月23日に見つけた朝焼け指定席湖畔の蕾だったコオニユリが開花していた。

Dsc_8700 明けの明星の残る東の空は既に白み始めていた。

Dsc_8705 明るくなって気が付いた。気にしていたコオニユリが咲いている。

Dsc_8816 ワレモコウとチダケサシに挟まれて元気に開花したコオニユリと朝焼けの雲を見る。

Dsc_8828 八千穂レイクの水位が下がり,普段水没している湖底の石がシルエットとなっている。

Dsc_8867 ・・・・・・

Dsc_8924 日の出とともに雲が厚くなってきた。

更にご覧になりたい方は,

http://album.nikon-image.com/nk/NK_AlbumPage.asp?key=878734&un=121793&id=45&m=2&s=0

Dsc_8957 八千穂レイクで日の出を迎えたのは他にもいた。水位が下がって一部干潟となっている場所に,鹿の足跡の他に細い三本の割り箸で付けたような足跡があった。足跡の主はアオサギだろう。八千穂高原では初めて観る。

Dsc_8966 水面の上に茶色く見える部分は普段水面下。

Dsc_8993 あっと言う間にガスが降りてきた。

Dsc_8990 今日は雲をバックのコオニユリ。

Dsc_9002 少し霧がかかった白樺純林。

Dsc_9008 花の咲き終わったヤナギランの先端にトンボがふわり。

Dsc_9011 下から上に咲いていくのでこの花もそろそろ終り。下の細い棒状の中からは,しばらくすると白い糸状の先端に種を付けて飛んで行く。

Dsc_9033 ここにも,留まったか。先程のヤナギランから飛んできた。

« レイクの朝 | トップページ | 八島湿原夕景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咲いたコオニユリ:

« レイクの朝 | トップページ | 八島湿原夕景 »