« 霧の八千穂高原 | トップページ | 快晴の北八ヶ岳 »

2006年9月23日 (土)

霧八千穂・美ヶ原夕景

朝焼け見ようと目覚ましで勢い良く飛び出したが,外は連日の霧の朝。朝焼けあきらめ,稲子道へ向う。

Cimg0399 硫黄岳や天狗岳は雲に隠れて見えません。

Cimg0405 秋を感じさせるススキとウルシ。

Cimg0407 北レイク線の舗装道路工事が再開され,11月30日まで通行止めになります。前回はレンゲツツジの最盛期,今回は紅葉の最盛期に車を北レイク線に入れさせないための佐久穂町の政策ではないと思いますが。

Cimg0410 新しくなった遊歩道脇の白樺純林も色付くのはもう少し先。

Cimg0413 風のない八千穂レイクの周りを霧が包み始めた。

Cimg0418 足元には霧に濡れた蜘蛛の巣が。

Cimg0420 霧はますます濃くなって,麓から山を這うように昇っていく。

Cimg0426 昨日よりも今日の方が墨絵のごとく。

Dsc_0555_1 今日はアオサギの姿がない。

Dsc_0561 霧と言うより,これは雲の中に入ってしまったのか。

今日も八千穂高原の朝は霧で終わってしまった。気晴らしに,美ヶ原を廻ってみる。

Dsc_0591 夕日に映える美しの丘を牛たちはのんびりと草を食む。

Dsc_0594 ダケカンバがスポットライトを浴びている。

Dsc_0603残照

Dsc_0612 後を見れば,落葉松に夕陽が沈んで行った。

Dsc_0655 本日終了。

« 霧の八千穂高原 | トップページ | 快晴の北八ヶ岳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧八千穂・美ヶ原夕景:

« 霧の八千穂高原 | トップページ | 快晴の北八ヶ岳 »