« コスモス街道 | トップページ | 霧八千穂・美ヶ原夕景 »

2006年9月22日 (金)

霧の八千穂高原

本日勤務先の創立記念日で平日ながら休日となり,週末と合わせた三連休の初日となる。天気もあまりよくないし,紅葉には未だ早いが静かな八千穂高原と白駒池でゆっくりと休養する。

16dsc_0253 国道299号線の夢の森から暫く行った,駒出大橋の滝付近のモミジも一部黄色く色づき始めたが紅葉にはほど遠い。最も,ここで紅葉していたら高原は既に紅葉を終わろうとする時期になっているはずだ。

17dsc_0258 駒出池キャンプ場付近まで上がって来ると,周りの落葉松は霧に包まれていた。来月には真っ赤になる蔦漆も青々と落葉松に絡まっている。

19dsc_0273 白樺純林の八千穂高原には霧がとっても似合っている。

20dsc_0292 白樺の葉は既に黄葉し始めて,気の早い葉は既に散っている。

21dsc_0304 霧の濃さや日の差し方の僅かな違いで白樺の白さが違って見えて来る。

22dsc_0319 同じような写真ですが,みんな個性が違っています。

22dsc_0321 既に鮮やかに紅葉したヤマウルシだろうか。

23dsc_0328 未だ未だ先週と変わらないモミジに対し,足元のレンゲツツジはますます赤みを増してきた。

薄日も指してきて,霧が晴れてきたので白駒池に登ってみる。

25dsc_0363 いつものように,白駒池駐車場で500円を払い,シラビソ・コメツガのヒンヤリした空気の歩道を登る。途中でコスギゴケの絨毯が足を止めさせる。

26dsc_0367 苔に根付いたコメツガの新葉がとても可愛かった。

27dsc_0373 シダも仲良く同居している。

28dsc_0384 今日は青苔荘側から廻る事にした。

30dsc_0394 前回から一週間経過したが,紅葉は思ったほど進んでいなかった。とはいっても,急な冷え込みがあると一気に紅葉していまいそう。こまめに,チェック。31dsc_0396

う~ん。未だ早い。でも,綺麗。

33cimg0374 ボート桟橋から真後ろにある大きなダケカンバも雄姿を見せている。

34dsc_0447 先端の葉は色付いてきたよ。

37dsc_0471 最初に真っ赤になる湖畔の看板裏のドウダンツツジを入れ,湖面の波が消えるまで風の止むのを待っていた。今日は平日,紅葉にも早いので訪れる人はいないと思い込んでいたが,白駒荘側から人が来た。

閑人舎のオーナー新藤厚さんと,ばったり。しばらく,楽しい時間を過ごした。http://homepage2.nifty.com/kanjinsha/

38cimg0387 楽しい会話に風も耳を傾けたのか,湖面は暫くの間,凪いでくれた。

39dsc_0474 ダケカンバの黄葉がアクセント。

40dsc_0493 霧が立ち込め幻想的な神秘の池を楽しませてくれた。

霧が深くなって来たので,今日の白駒池散策終了。

41dsc_0499 八ヶ嶺橋までおりてきた。

42dsc_0502 この枝の葉は今年散るけれど,一昨年も同じ枝の葉を撮った事がある。

43dsc_0508 もっと,黄葉するよ。

46dsc_0528_1八千穂レイクに霧が流れて墨絵を見ているようだ。

45dsc_0522 8月16日に見かけたアオサギだろうか。今日は二羽も居る。

« コスモス街道 | トップページ | 霧八千穂・美ヶ原夕景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の八千穂高原:

« コスモス街道 | トップページ | 霧八千穂・美ヶ原夕景 »