« 紅葉を惜しんで | トップページ | 八千穂高原カラマツの美 »

2006年10月29日 (日)

霧の八千穂高原

今朝も二つ目の目覚まし時計で目を覚まされた。外は一面に霧に覆われた幻想的な世界が広がっている。

Dsc_2300日の出時間はとっくに過ぎているが,霧が厚く,日の光は届かない。

Dsc_2309白樺の小路 も森の妖精たちの遊び場となっているのだろう。

Dsc_2318彩りを添えていた,レンゲツツジやモミジの葉も今はない。

Dsc_2330野外ステージ付近の白樺純林。今日は何時もよりいっそう静かな朝を迎えられた。

Dsc_2342静けさを破ったのはもの淋しげなホンドジカの鳴き声だった。なにを訴えているのだろうか。Dsc_2354

野外ステージの前ではレンゲツツジが冬を越す。ステージの上では一晩を過ごした自然を愛する若者が野営。

Dsc_2375何時もは湖底となっている場所からの撮影。八千穂レイクとは思えない,どこかの大きな湖の水辺から霧の湖畔。

Dsc_238710年以上前のことだが,やはりレイクの水を抜いたことがあるそうです。その時にしか撮れない風景も貴重なものでしょう。

Dsc_2402昨日と同じ場所ですが,全く違う風情です。

Dsc_2426昨日より葉の色がとても優しく映っています。

Dsc_2436ヤマモミジの葉は傷み始めている。来週まで残っているだろうか。

Dsc_2465今年は落葉松に巻きつくツタウルシの紅葉が僅かに見られただけです。

Dsc_2477駒出池から下の駒出道に面したヤマモミジが最後の紅葉でしょう。

Dsc_2513_1ここは随分派手な場所ですね。

Dsc_2516グラデーションが美しい枝もあります。

Dsc_2528 モミジも良いけど,寄り添う樹に付いた苔の薄い緑が気に入りました。

八千穂高原を覆っていた霧は少しずつ晴れ始めてきたので,駒出道を後に,余地岩まで戻ってみました。

Dsc_2552霧の晴れ間から,薄日が射した瞬間です。

Dsc_2570薄い緑が残っている落葉松の黄葉は未だ続くでしょうが,風に舞う吹雪のように枯れた葉が冬の到来を告げています。

« 紅葉を惜しんで | トップページ | 八千穂高原カラマツの美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霧の八千穂高原:

« 紅葉を惜しんで | トップページ | 八千穂高原カラマツの美 »