« 八千穂高原カラマツの美 | トップページ | カラマツ黄葉 »

2006年11月 4日 (土)

紅葉狩りの旅

今日は三連休の中日。未だ終わっていない紅葉を求めて,koideさん・カズさんから戴いた情報を頼りに,松川渓谷・奥志賀・秋山渓谷を廻ってきた。日本の秋を存分に楽しむことが出来ました。お二人に感謝。

01dsc_2725いつものように八千穂の朝焼けからスタートする。

02cimg0588上信越自動車道を須坂長野東インターで降り,須坂市内国道403号線から松川渓谷に向う。道路脇には手を伸ばせば届く所にリンゴ園。

03dsc_2739松川に架かる高井橋からのカラマツ・杉

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=36/40/11.158&el=138/25/24.127&grp=Air&scl=70000

04cimg0591高井橋の下にも艶やかなモミジ

05dsc_2742山田温泉では朝から旅館街の番頭さんが客引きしている。松川渓谷温泉を過ぎて左側の駐車場に車を停め,展望台に登ると松川を挟んだ対岸に落差の大きな八滝が目に飛び込んできた。約180mほどの落差を8つの滝壺を作りながら落ちる長い滝とのこと。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&icon=mark_loc%2C%2C%2C%2C%2C&coco=36%2F39%2F40.403%2C138%2F26%2F27.167&el=138%2F26%2F27.167&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F39%2F40.403&

06dsc_2760残った紅葉が目を引く。

07dsc_2768既に落葉してしまったダケカンバの幹の白さが際立つ。

08dsc_2775展望台の左手に一段と目を引くヤマモミジがあった。

09cimg0595色褪せた山肌にも所々名残の紅葉が目を楽しませてくれる。

11dsc_2789 八滝のすぐ上流に雷滝がある。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&icon=mark_loc%2C%2C%2C%2C%2C&coco=36%2F39%2F40.403%2C138%2F26%2F27.167&el=138%2F26%2F27.167&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F39%2F40.403&map.x=478&map.y=336

10dsc_2786滝の裏側を通ることが出来る。

14cimg0609山田牧場の紅葉は既に終わっている。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&icon=mark_loc%2C%2C%2C%2C%2C&coco=36%2F39%2F40.403%2C138%2F26%2F27.167&el=138%2F27%2F37.028&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F39%2F57.084&

12dsc_2796八千穂高原のカラマツよりも落葉が少し早いようだ。

13dsc_2798 落葉を待つ葉の先に暖かい陽が射している。

15dsc_2812 雑魚川渓谷に流れ込む小川の畔に残ったヤマモミジ。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=36/49/25.762&el=138/33/12.179&grp=Air&coco=36/39/40.403,138/26/27.167&icon=mark_loc,,,,,,&scl=70000

16cimg0612 サラサラ沢付近と思われる。紅葉を過ぎた木々の最盛期の彩りの素晴らしさを想像させる。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&icon=mark_loc%2C%2C%2C%2C%2C&coco=36%2F39%2F40.403%2C138%2F26%2F27.167&el=138%2F34%2F39.390&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F48%2F59.243&map.x=101&map.y=194

17dsc_2836 しばらく走ると右カーブの正面の山肌に一段と明るさを増したモミジが有った。

18dsc_2862 鬼沢だろうか。岩肌に紅葉の木々が美しく,小さな涸沢の風情だ。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&icon=mark_loc%2C%2C%2C%2C%2C&coco=36%2F39%2F40.403%2C138%2F26%2F27.167&el=138%2F33%2F48.237&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F48%2F56.097&map.x=484&map.y=260

20dsc_2874 引き寄せてみる。

22dsc_2897振り返ってみると,来年の最盛期にもう一度来たくなる。

23dsc_2904正面から引き寄せてみる。

24dsc_2907 雑魚川林道のケヤキ林。

25dsc_2914地味な美しさを見せてくれる。

26dsc_2916 中津川から魚野川に合流し雑魚川となって秋山郷を下っていく。切明温泉。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=Air&uc=1&scl=70000&icon=mark_loc%2C%2C%2C%2C%2C&coco=36%2F39%2F40.403%2C138%2F26%2F27.167&el=138%2F36%2F30.921&pnf=1&size=600%2C550&sfn=Air_maps_00&nl=36%2F49%2F16.997&map.x=481&map.y=508

27dsc_2943秋山郷の紅葉街道はすれ違い渋滞を繰り返し,疲れるドライブとなった。

ビューポイントは,

http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=36/54/32.374&el=138/38/14.854&grp=Air&coco=36/39/40.403,138/26/27.167&icon=mark_loc,,,,,,&scl=250000 

« 八千穂高原カラマツの美 | トップページ | カラマツ黄葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩りの旅:

« 八千穂高原カラマツの美 | トップページ | カラマツ黄葉 »