« 今冬初めての高ボッチ | トップページ | 高ボッチで思わぬ頂き物 »

2006年12月31日 (日)

朝の八千穂と夕の美ヶ原

ゆっくり目覚めた朝に八千穂高原を散歩し,今年最後の夕陽を美ヶ原で見ることにした。

Dsc_4794_1 レストハウスふるさとからは雪を麓まで着けた美しい浅間山が中空の雲をかき分けて進んでいるように見えた。

Dsc_4800_1 八千穂高原スキー場の少し下からも雲に浮かんだ浅間山が手にとるような近さで見ることができる。

北レイク線の駐車スペースに車を停め,八千穂レイクを一周して見ることにした。

Dsc_4809_1 八千穂レイク西岸遊歩道のズミの木々だけ白く輝いていた。

Dsc_4831_1 正体は冷えきった木々の枝に着氷した薄い氷の結晶だった。

Dsc_4836_1 保養所方面から流れ込んでくる水も八千穂レイクで凍ってしまう。

Dsc_4842_2 ひょうたん池の上に新しくできた八千穂レイク公園の駐車場スペースの左側に新たな管理棟が建設中。

Dsc_4854_1 八千穂レイクの氷結した湖面の上をラリーカーが走り回るのももうすぐだろう。

Dsc_4863_1 薄い筋雲は目で見てもハッキリと移動しているのが分かる程の早さだった。

今年最後の夕陽を見るため美ヶ原に向かう。

Dsc_4884 今日は風もなく,沈もうとしている太陽に向かって雪上を歩くこと30分あまり。八ヶ岳・編笠山の稜線後方に夕陽を浴びる富士山を見る。

ビューポイントはこの辺り

http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&nl=36/13/2.972&el=138/7/31.640&grp=Air&scl=25000

Dsc_4890_1 高ボッチよりも近いこともあって,左の前掛山・蓼科山から北八ヶ岳,南八ヶ岳と続く山並みが目の前に遮るものも無く見渡せる。その右に富士山までも見ることができる。

Dsc_4947_1 蓼科山(2530m)

Dsc_4953 昨日見た高ボッチ高原からとは少し見る角度が違っている。左側の一段と白い横岳(2825m)の手前に美濃戸中山(2387m)が尖って見える。右側に赤岳(2899m)が続いてる。

Dsc_4897 足元には小さな落葉松だろう,強風に耐えて逞しく冬を越す。

Dsc_4920 もう少し経てば樹氷に成長していくのだろうか。未だ冬は始まったばかりだ。

Dsc_4935 夕陽を浴びる右奥は浅間山。

Dsc_4980 樅の木も雪原に長い影を落としている。

Dsc_4989 夕陽は殆ど沈もうとしている。先ほどまで黄色に染めていた浅間山はピンク色に変わってきた。

Dsc_4998 背中を暖めていた夕陽も沈み,急に寒く感じるようになってきた。

Dsc_5009 美しの搭と王ヶ頭の間に2006年の夕陽は沈んでしまった。

Dsc_5014 今年一年も無事に過ごせました。太陽に感謝。自然に感謝。ありがとう。

« 今冬初めての高ボッチ | トップページ | 高ボッチで思わぬ頂き物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝の八千穂と夕の美ヶ原:

« 今冬初めての高ボッチ | トップページ | 高ボッチで思わぬ頂き物 »