« 今朝の八千穂はモノトーン | トップページ | 朝の八千穂と夕の美ヶ原 »

2006年12月30日 (土)

今冬初めての高ボッチ

昨年の冬に初めて知った魅力に惹かれて高ボッチ高原を再び訪れた。国道141号線の跡部交差点を諏訪方面に向かう。中央高速岡部ICとの交差点を直進し塩尻峠を越えた下り坂から高ボッチ高原に上る。

Dsc_4629 既に日は暮れようとしており,八ヶ岳の峰々から麓にかけて純白から灰色へと続くグラデーションのかかった山麓を夕陽が照らしていた。

Dsc_4661陽もだいぶ傾き北八ヶ岳の西の稜線を染めてきた。左側の天狗岳から夕陽に照らされた尾根が茅野方面へと下っている。右奥には硫黄岳の噴火口が見える。

Dsc_4667左手前の美濃戸中山の陰が硫黄岳方にかかっている。左奥の横岳も西日に当たってピンク色に見える。更に,右側に赤岳が続く。

Dsc_4646 富士山をバックに諏訪湖の町にも夕陽が差し込んでいる。

Dsc_4676 高ボッチには雪が少ないが八ヶ岳の標高2000mを越える辺りは純白の世界。

Dsc_4679 夕陽は八ヶ岳全体を紅く染めてくれた。

Dsc_4682冬しか見られない光景に感謝。

Dsc_4688 富士山にも夕陽残照。

Dsc_4706 八ヶ岳,富士山を照らした夕陽は御嶽山の彼方に沈んだ。

Dsc_4741 今年は暖かい日が続いているのだろう。高ボッチ高原に雪は少なく,木々にも雪は付いていない。

Dsc_4763 冬の雲のない典型的な夕焼け空。

Dsc_4777 宵の明星も出て,冷え込み始めた。

Dsc_4755 諏訪湖の周りにも灯が入って,そろそろ富士山も見えなくなってきた。

Dsc_4760 こんなに暗くなっているのに,フィルターやレンズフードを着けっぱなしで撮るなんて,いかにもMarronらしい。

Dsc_4780 良く見ると,未だ富士山も見えている。本日終了。

高ボッチ高原

« 今朝の八千穂はモノトーン | トップページ | 朝の八千穂と夕の美ヶ原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今冬初めての高ボッチ:

« 今朝の八千穂はモノトーン | トップページ | 朝の八千穂と夕の美ヶ原 »