« 朝の八千穂と夕の美ヶ原 | トップページ | 佐久穂町大雪着雪注意報 »

2007年1月 2日 (火)

高ボッチで思わぬ頂き物

正月休みも終わりに近づき,天気予報では期待薄だが,朝焼けに希望を託して,早朝の高ボッチ高原に上った。夜明け前,6時に到着。日の出を待つ。少しずつ空が明るくなってくるが,一向に赤く染まってこない。

Dsc_5028とうとう,朝焼けせず,八ヶ岳にかかった雲の合間から日の出を迎えた。

Dsc_5031 富士山も全く顔を見せてくれなかった。

Dsc_5036 松本盆地の町も正月気分を楽しんでいるのだろう。

Dsc_5048 去年の今頃は真っ白に彩られていたススキの穂も今朝は日向ぼっこを楽しんでいるようだ。

Dsc_5061_1 真っ白に霧氷する落葉松林も今朝は綺麗に整列しているだけ。

今日は諦めて帰ろうと思って胸を反らして深呼吸すると,目に飛び込んできたのは・・・・・・・

Cimg0821_1 太陽の右側に彩雲が見えた。

Cimg0820 太陽の真上にも彩雲が。良く見ればV字形をしている。これが,イブの日に見逃していたタンジェントアークなのか。

Dsc_5081 更に,良く見れば太陽の左にも彩雲があって,同心円状に並んでいるではないか。写真で見ていたイメージではもっと小さい半径の環だと思っていたが,驚くほど大きいものだ。

Cimg0823 更に驚いたのは,タンジェントアークのその外側に太陽を中心とした二重の同心円の環が出来ていた。外側の環は内側より太陽の影響が少ないためか,虹色に輝きが増していた。

Dsc_5120 まさに,天からの頂き物を大事に目蓋の奥にしまい込んだ。

高ボッチ高原

« 朝の八千穂と夕の美ヶ原 | トップページ | 佐久穂町大雪着雪注意報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高ボッチで思わぬ頂き物:

« 朝の八千穂と夕の美ヶ原 | トップページ | 佐久穂町大雪着雪注意報 »