« 冷え込んだ八千穂高原 | トップページ | 春間近霧ヶ峰高原 »

2007年2月24日 (土)

風の冷たい朝だった

今朝の八千穂高原は気温-9℃,風の冷たい朝だった。

Dsc_5970 北レイク線の国道299号線との交差点付近。白樺純林に朝陽が当たる。

Dsc_5982 レストハウスふるさとからの浅間山に雪雲がかかりはじめた。

Dsc_5978 足元には朝陽に照らされた雨氷もどきがキラキラと輝く。

Dsc_5989 イルミネーションの正体は凍った水滴。

Dsc_6005 葉を落とした白樺の枝も綺麗にデコレーションされていた。

Dsc_6015 稲子道に入り,天狗岳を望む。

Dsc_6018 シャクナゲ尾根の向こう側では落葉松,ダケカンバの霧氷の白さが美しい。

Dsc_6033 硫黄岳に揚がる雪冤を見ると山頂は相当な風が吹いている。

Dsc_6036_1 天狗岳は相変わらず白く綺麗だ。稲子岳の切り立った噴火口の白い雪も直ぐに溶けてしまうのだろうか。

Dsc_6099 八岳の滝では氷の造形が美しい。

Dsc_6051 水量もいつもよりも少ないような気がする。

Dsc_6054 滴り落ちて出来る氷と,跳ねて出来た氷の形が合わさっているような。

Dsc_6097 滝の左側の迫り出した岩からしみ出ている水が凍った青氷の迫力が圧巻。

Dsc_6111 八岳の滝バス停前でも雑木林が輝いていた。

Dsc_6115 怖いのは道路の真ん中まで転がり落ちる落石。2ヶ所ほど大きな石が落ちていた。

Dsc_6121 風が強いので八千穂レイクの林沿いの小路 を歩く。

Dsc_6124 保養所方面から流れ込む湿原?地帯もそろそろ雪解けを迎えているようだ。

Dsc_6144 そういえばシシウドが咲いていたのを忘れていた。

Dsc_6150 水の流れ込むこの辺りから八千穂レイクの氷は溶け始める。

Dsc_6172_1 暖められた岩の傍から溶け始めてきた。

Dsc_6177 今年の五月頃からレイク公園となって,どのように変わっていくのだろう。

Dsc_6180 八柱山の落葉松尾根付近の雪はいつごろ消えるだろう。

« 冷え込んだ八千穂高原 | トップページ | 春間近霧ヶ峰高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の冷たい朝だった:

» 八千穂高原の霧氷の条件 [コラム]
2006年2月25日、冬に初めて訪れた八千穂高原で、運良く、霧氷に出会うことができました。 しかし、その後の2回の訪問では、空振り。 そこで、他のかたの霧氷に出会われたシーンも含め、霧氷の出る条件を考えてみたいと思います。 まず、ヤチホドットコムの井出さん... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 14時46分

« 冷え込んだ八千穂高原 | トップページ | 春間近霧ヶ峰高原 »