« レイク朝焼け・美し夕焼け | トップページ | 八千穂里山に春来 »

2007年4月30日 (月)

八千穂高原の帰りに大滝

今朝は,八千穂の里山から一日の始まり。帰りに大滝でマイナスイオンを浴びる。

Dsc_8304 今朝も快晴の雲一つない,物足りない朝焼けを迎える。とはいっても,爽やかな朝に変わりは無い。

Dsc_8327 落葉松に新芽が出始め,緑色が清々しい。

Dsc_8335 昨日見た桜が朝陽に染まる。昨日とは違った色を見せてくれた。

Dsc_8343 こちらの桜も目覚め始めた。

Dsc_8347 チョット離れてみるとこんな感じです。

Dsc_8356 足元の畦道には土筆が芽を出していました。

Dsc_8374 こちらの枝垂れ桜は長い年月,ご先祖様を守っています。樹齢は数百年経っている訳ではありませんが,多くの人が見物にくる有名な桜でも無いですが,里山に溶け込んだ,こんな桜が大好きです。

Dsc_8383 今日の八千穂からの寄り道は,国道141号線を野辺山から清里を過ぎた辺りから,大門ダムの上流にある大滝を訪れた。

Dsc_8399 カメラの前で動かない二人。何故? 滝見観音由来 甲斐の国は王朝時代より大変な名馬の産地として知られて来た「扶桑の略記」に依れば聖徳太子乗用の愛馬は甲斐の黒駒であったと書かれてある。その後交通軍事等馬の重要性は急速に進み考謙天皇(1237年前)御代には当地柏前(清里)の牧は勅旨牧として遠く都より若き牧監(牧場管理最高責任者)保高が派遣されていた。或る日,保高は検馬の砌当時念場小町と言われていた娘つなを見染め渓流に岩つつじの咲く大滝のほとりに,人目を忍んで逢ふ瀬を楽しみやがて二人は結ばれたという以来郷人は此の良縁にあやからんとして滝見観音が祝られ縁結びの神として今に若人の深い信仰をあつめている。と,案内の看板に書かれていた。

Dsc_8439 岩つつじとはこれ(ミツバツツジ)のことか?

大滝

« レイク朝焼け・美し夕焼け | トップページ | 八千穂里山に春来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原の帰りに大滝:

« レイク朝焼け・美し夕焼け | トップページ | 八千穂里山に春来 »