« 雪と桜 | トップページ | 八千穂高原の帰りに大滝 »

2007年4月29日 (日)

レイク朝焼け・美し夕焼け

八千穂レイクの朝焼けから今日の一日が始まり,美ヶ原の夕焼けで今日を終わる。

Dsc_7932 今年初めての朝焼けは氷点下2℃の雲一つ無い冷たい朝から始まった。

Dsc_7984 冷えていても風が無いので寒さを感じず,陽が出てくると急に暖かく感じる。

Dsc_7987 落葉松の青い新芽も朝陽に赤く染まっている。

Dsc_7995 八千穂レイク付近では昨日の雪がウッスラ残っている。

Dsc_8014 笹の葉の雪も直ぐに融けるだろう。

Dsc_8041 八柱山から上の縞枯山や茶臼山も昨日の雪を残している。

Dsc_8071 八千穂高原を楽しみ,美ヶ原に向かう途中で八千穂の里山で満開の桜を見ることができた。

Dsc_8074 美ヶ原に到着。王ヶ頭から八ヶ岳の稜線の右側に,車山の奥に霞んだ富士山を見つけた。

Dsc_8077 中央の茶臼山(2006m)の左奥に八ヶ岳連峰,右奥に南アルプスの山並みが見える。

Dsc_8080 茶臼山の左奥の八ヶ岳連峰には昨日の新雪が積もっている。

Dsc_8086 南アルプスの山並みも,桜見物で間近に見た甲斐駒ヶ岳を中央に北岳,鳳凰三山が左に並んでいる。

王ヶ頭

Dsc_8095 王ヶ頭を下って,天狗の露地付近の斜面に西日が当たっている。

Dsc_8110 今まで居た王ヶ頭の中継局のアンテナ林に夕陽があたる。

Dsc_8115 夕陽にダケカンバの幹が更にピンク色に染まっている。

Dsc_8124 その奥にピンク色に霞んでいるのは浅間山だ。

Dsc_8133 ダケカンバがますます赤く染まった。

Dsc_8144 北アルプスの峰々をシルエットに今日の一日を終わろうとしている。

Dsc_8155 夕陽は槍ヶ岳をシルエットに大天井岳(2922m)に沈んでいく。槍ヶ岳(3180m)に突き刺さるように沈む夕陽を撮れる位置には常連さんが三脚を立てていた。

Dsc_8182 北アルプスの山並みシルエット。

Dsc_8231 シルエットの色もオレンジからピンク色に変わってきた。

Dsc_8258 落葉松の間から槍ヶ岳シルエットで本日終了。

天狗の露地

« 雪と桜 | トップページ | 八千穂高原の帰りに大滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レイク朝焼け・美し夕焼け:

« 雪と桜 | トップページ | 八千穂高原の帰りに大滝 »