« 大阪でも朝焼け | トップページ | ミツバの開花 »

2007年5月26日 (土)

暖冬寒春の影響

暖冬に次ぐ春の底冷えの影響で八千穂高原の花木草が体調を崩しています。遅霜の所為で出たばかりの新葉が枯れてしまったり,八千穂高原に最初の彩りをもたらす山ツツジ,ミツバツツジの開花が遅れているようだ。昨夜の雨も今朝は上がり,朝焼けを期待して八千穂レイクに向かった。

Dsc_9046 生憎,東の空は一向に赤くならない。今朝の日の出を拝む場所をレストハウスふるさとに急遽変更した。浅間山は霞ががってボンヤリしか見えない。カメラを構えて暫くすると荒船山の上の雲が茜色に染まった。

Dsc_9062 八千穂ドットコムhttp://www.yachiho.com/井出さんが先週写真教室で紹介された場所だったからか,今日は6~7名のカメラマンが並んだ。隣には,昨夜閑人舎http://homepage2.nifty.com/kanjinsha/にお泊まりの方もいらした。

Dsc_9080 今朝も爽やかに日の出を迎えた。

Dsc_9199 硫黄岳・天狗岳の雪もすっかり融けて来た。

Dsc_9190 石楠花尾根の新緑も眼に映える。

Dsc_9184 ミツバツツジの開花は遅れている。もう暫くすれば色彩豊かに彩られる。

Dsc_9101 八千穂レイク下のT字路上の丘に咲くミツバツツジが花をつけている。

Dsc_9115 駒出池にやってきた。

Dsc_9124 白樺の新葉が柔らかい色をしている。

Dsc_9130 ミツバツツジが新緑に映える。

Dsc_9145 池の小島のミツバツツジは未だ蕾み。

Cimg1629 観光バスが駐車場に入ってきた。駒出池はもともと(現在でも)オートキャンプ場です。Marronが'90年から毎年テントを張って楽しんだ場所です。少し,様変わりしてきたな~。

Cimg1622 駒出道の土手にはヤマツツジが満開です。

Cimg1625 直ぐ横に,ヤマフジが風になびいていた。

Dsc_9163 昨日降り続いた雨を集めて,駒出滝の水量が多い。

« 大阪でも朝焼け | トップページ | ミツバの開花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖冬寒春の影響:

« 大阪でも朝焼け | トップページ | ミツバの開花 »