« 暖冬寒春の影響 | トップページ | 八千穂レイクの朝焼け感動 »

2007年5月27日 (日)

ミツバの開花

黄砂の影響だろうか,二日続けて八千穂高原に朝焼けが見られなかった。今日も高原の気温が一気に上昇し,ミツバツツジの開花が加速した。

Cimg1659 今朝も東の空は白々と明けようとして,朝焼けの気配を見せなかった。今日は八ヶ嶺橋で日の出を待つことにした。

Dsc_9207 黄砂の影響だろうか赤い朝日が昇った。

Cimg1654 八ヶ嶺橋真下の大石川の清流。

Dsc_9223 白樺純林に囲まれた山モミジの新葉が映えていた。

Dsc_9226 白樺の新緑の柔らかい色。

Dsc_9250 小鳥たちの囀りが写し込めないのが残念だ。

Dsc_9253 今日も吹きつける高原の風に八千穂レイクの湖面も揺れる。

Dsc_9260 八千穂レイク下,T字路上の丘に咲くミツバツツジが今日の当たり株。

Dsc_9262 柔らかな淡い紫色は強い光に当たると白く見えてしまう。早朝に見かけるミツバツツジが一番きれいに見える。

Dsc_9273 T字路下の株も見頃だった。

Dsc_9290 駒出池の水辺には可愛いクリンソウが並んでいた。

Dsc_9296 小島のミツバも昨日に比べて一気に開花したのには驚いた。来週が見頃かと思っていたが,昨日の暖かさで急に花が開いてしまい,来週まで持ちこたえてくれるだろうか。

Dsc_9318 ズミも開花し始めたがまだ早い。来週は真っ白な花を見せてくれるだろうが,ミツバと同時には見られないな~。

Dsc_9334 駒出道のヤマツツジもミズナラの雑木林を背景に鮮やかに咲いている。

Dsc_9342 並んで咲いている場所もある。

« 暖冬寒春の影響 | トップページ | 八千穂レイクの朝焼け感動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミツバの開花:

« 暖冬寒春の影響 | トップページ | 八千穂レイクの朝焼け感動 »