« 渓流巡り | トップページ | 雨靄の八千穂高原 »

2007年7月 8日 (日)

八千穂レイク独り占め

二日続けて早朝の八千穂レイクには誰もいない。朝焼けのなかった湖畔にしばし腰をおろして靄の流れる様子を見ていた。今日はどんな一日になるのだろう。

Cimg1912 上空に半月の残る八千穂レイクの夜明けは,今日も白々と明けてしまった。

Cimg1911 八千穂レイクの雲は湖面から立ち上る靄から流れたもののように低かった。

Cimg1913 ヒョウタン池も何時から営業を始めるのだろう。

Cimg1915 レイク・ボート桟橋から,まだ朝日の当たっていない八柱山も霞んで見える。

706_1342 八ヶ嶺橋から水墨画の世界が見えた。

706_1355 雲間から朝日が顔を出しかけた。

706_1357 駒出道から八ヶ岳林道に入り,何時もとは反対方向の石楠花尾根から白樺尾根をみる。

Cimg1921 八千穂からの帰り道では,今年もポピー畑に真赤な花が咲き始めた。

« 渓流巡り | トップページ | 雨靄の八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂レイク独り占め:

« 渓流巡り | トップページ | 雨靄の八千穂高原 »