« ひまわりからサンセット | トップページ | 今朝も爽やか八千穂高原 »

2007年8月12日 (日)

朝のレイクと夕の霧ヶ峰

早朝の八千穂レイクから一日が始まり,昼間の暑さを穴蔵で耐え忍び,夕方に涼を求めて霧ヶ峰まで一っ走り。

708_2744 未明の八千穂レイク上空には朝焼けを演出してくれる雲がない。

708_2756真夏の朝はこんな日が多い。

708_2759 オレンジ色の地平線はこの後白く変わっただけ。

708_2793 夏の朝陽を浴びた木々達の色が普段見ることができない。

708_2805 朝陽を浴びた湖面からも靄が立ち込める。

708_2783 コオニユリが輝きを見せる朝のひととき。

708_2828 足元には小さなコモウセンゴケがキラキラ宝石のように輝いている。

708_2831 雲海を航行中のステルス艦のように見えた,今朝の浅間山。

708_2846 茂来山より奥の何時もは見えている荒船山も雲海に沈没している。

涼を求めて霧ヶ峰まで

Cimg2189 ビーナスラインを霧ヶ峰方面に向けて走り,途中で振り向けば,通りすぎた白樺湖の右奥の蓼科山が夕日に染まる。

Cimg2192 八ヶ岳連峰の夕景。

708_2851来るのが少し遅かった。

Cimg2194  今日の夕焼けはどうだった?と,シシウドに聞いてみた。

Cimg2195 「悪くはなかったよ」

« ひまわりからサンセット | トップページ | 今朝も爽やか八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝のレイクと夕の霧ヶ峰:

« ひまわりからサンセット | トップページ | 今朝も爽やか八千穂高原 »