« 穂高連峰の雄姿 | トップページ | 高原の雲 »

2007年8月16日 (木)

真夏の朝焼け夕焼け

気温40℃を超えた今年一番の暑さを記録した(熊谷,多治見で観測史上初めての40.9℃)日は,八千穂レイクの朝焼けも,佐久平の夕焼けも,真っ赤に暑く熱く燃えた。

708_3418_0448 4時48分。低い雲が朝焼けを隠さなければ,上空の雲がいい感じに薄く広がっているので今朝の朝焼けは期待できるかな。

708_3424_04504時50分。

708_3428_0453 4時53分。低い雲は地熱の上昇と共に,薄く流れて行ってくれた。

708_3434_0456 4時56分。薄雲はオレンジ色に変わってくる。

708_3443_04584時58分。日の出が間近になり,黄金色に変わってきた。

708_3470_05105時10分。

708_3479_0513 5時13分。八千穂レイクでの日の出を迎える。

708_3498_0515 5時15分。

708_3504_05175時17分。 日本列島の暑い一日の始まりだったが,八千穂高原では暑さを忘れさせてくれる。

708_3521_0531 足元のコバギボウシも朝陽に当たって夜露を乾かし始めた。

Cimg2298八千穂レイクの隣にあるヒョウタン池で岩魚やニジマスを釣るのを楽しみにしていたのだが,とうとう,盆休みも終わりだというのに,新しく出来た管理棟も客を入れることも無く淋しく佇んでいる。おかげで,コオニユリも静かな湖畔でゆっくり暑さをしのいでいられた。

Cimg2309_1826 やっと涼しくなりかけた夕方には夏らしい雲が漂っている。

Cimg2308_1826夏といえばこんな入道雲を首都圏では見ることができない。夕焼けしたらどんな色に染まるのか?と,思ったとたんに夕焼けビュースポットに直行していた。

Cimg2312_1837 18時37分。案の定,夕焼けし始めた。

Cimg2314_183818時38分。少し,後方の先程の入道雲も夕陽を浴びた。

Cimg2337_184618時46分。

Cimg2335_1846_218時46分。浅間山の上空も夕焼け雲で覆われている。

Cimg2339_184718時47分。

Cimg2343_1850 18時50分。暑かった夏の一日が終わる。

« 穂高連峰の雄姿 | トップページ | 高原の雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の朝焼け夕焼け:

« 穂高連峰の雄姿 | トップページ | 高原の雲 »