« 夜露の薄化粧 | トップページ | 市場にて »

2007年9月 2日 (日)

寄り道は乙女高原

昨夜の就寝遅く,今朝の朝焼けタイムには目が覚めず。陽が高く上った八千穂高原を一廻り。帰路は増富温泉から乙女高原に寄り道する。

Cimg2766 光を一杯に浴びている白樺純林。

Cimg2756 今朝も朝焼けはしなかっただろう。

Cimg2757 どこかの誰かの声が聞こえてきた。「な~んだ,八千穂レイクって只の溜め池じゃないか」・・・・ん~ん,確かに真っ昼間に見ると,そう見えるのでしょうかね。

Cimg2767 レイク北線の路面補修工事中につき,国道299号線を下っていくと,「ようこそ八千穂高原」の大きな看板のある駐車スペースがあります。

Cimg2770_2 脇斜面の雑草が綺麗に取り除かれて突如として四阿が出現しました。今まで全く忘れ去られていた休憩場です。

Cimg2771 レストハウスふるさとの小海側から富士山を見ることが出来ますが,実は,ここからも天気のよい日には富士山の山頂を見ることが出来ます。

帰り道は国道141号線を野辺山方面に向かい,市場から増富温泉を抜けていく。

Cimg2751_2 八千穂高原も環境に優しいガードレールを設置した。ガードレールは白い物と決めつけず,自然に溶け込むように工夫したいものだ。

Cimg2753 こんなカーブミラーが八千穂高原にあったら良いな~。

Cimg2738jurounoki 長い歳月を生きてきた「寿老の木」

増富温泉

Cimg2734 クリスタルライン走行中に林道を塞いだ倒木は先日の台風の犠牲になったようだ。

Cimg2709 乙女高原では霧が出て,周囲を散歩するが周りを見渡すことが出来なかった。

Cimg2697 白樺の雰囲気も八千穂高原に似て,しばし憩いのときを過ごす。

Cimg2729 シシウドも結構,立派にそびえている。

乙女高原

Cimg2689 水も木々も綺麗に整備された琴川ダム湖を見下ろしながら,勝沼ICから中央自動車道をひた走り。

琴川ダム湖

« 夜露の薄化粧 | トップページ | 市場にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寄り道は乙女高原:

« 夜露の薄化粧 | トップページ | 市場にて »