« 八千穂朝景と霧ヶ峰夕景 | トップページ | 西穂独標 »

2007年9月23日 (日)

西穂山荘

昨日捻挫した右足首をかばいながら,ロープウェイを使ったお気軽山歩きに出発。目的地は西穂高。

709_5495 日の出前,八ヶ嶺橋から朝焼けは見られず。

国道299号線の八千穂高原から麦草峠を越えて,茅野方面に下りる。諏訪インターから松本まで中央高速を一走り。松本からは新島々経由,沢渡,安房トンネルを抜け,新穂高ロープウェイに乗る。早朝のドライブは車も少なく気持ちよく走れる。

Cimg2995 二階建の新穂高ロープウェイはあっと言う間に標高2156mの千石平まで運んでくれる。暫く歩くとダケカンバのイナバウアー。

Cimg3000 登り始めて1時間ちょっと。今夜のお宿の西穂山荘。

Cimg3003 到着すると,まだ昼前なのに山荘のテラスには先客がどっさり。

早めに部屋に入れてもらえたので2時間ほど昼寝(朝が早いと,いつも二度寝してしまう。夕飯までの時間はたっぷりある。明日の下見にちょっと登ることにする。

Cimg3005 北八ヶ岳の高見石に登るような大きな岩の登山道。西穂山荘から西穂独標辺りまで行けたら行ってみよう。

Cimg3012 ハイマツに霧が立ち込める。

Cimg3016 もう少しで西穂独標のはずだが,ガスも出始め,このガレ場では足首が心配なので本日はこれにて引き返す。

709_5519 ガスの一瞬の切れ目から梓川沿いの赤い屋根の帝国ホテルが眼下に見えた。

Cimg3044 丸山の下の台地から明日の朝焼け・ご来光を見ることにしよう。

709_5552 夕焼けしたかもしれないが,夕食の時間とかち合って外に出たときは既に真っ暗気。明朝の朝焼け期待し本日終了。

« 八千穂朝景と霧ヶ峰夕景 | トップページ | 西穂独標 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西穂山荘:

« 八千穂朝景と霧ヶ峰夕景 | トップページ | 西穂独標 »