« 寄せる雲 | トップページ | 憧れの涸沢へ »

2007年10月 5日 (金)

秋の装い

八千穂高原にも秋の気配がはっきりと感じられるようになりました。

Cimg3186レストハウスふるさとの駐車場にある大きな岩の周りに植えられたドウダンツツジの葉が色付き始めた。

Cimg3184まだ,色付き始めた葉の色は寒さと共に増していく。

Cimg3181 ナナカマドの葉もこれから真っ赤に変わっていく。

Cimg3189 スキー場に下っていくと斜面に真っ赤に色付いたヤマウルシの葉が目を引いた。

Cimg3190 八ヶ嶺橋から見る落葉松も濃い緑色は無くなっている。

Cimg3193 ツツジの葉も赤くなってきた。

Cimg3202 白樺の葉も全体が黄色くなり始めた。

Cimg3206 ヤマウルシやレンゲツツジの葉がアクセントを付け始めている。

Cimg3207 舗装補修工事の終わったレイク北線から見える八千穂レイクも秋の装い。

« 寄せる雲 | トップページ | 憧れの涸沢へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の装い:

« 寄せる雲 | トップページ | 憧れの涸沢へ »