« 紅葉乗鞍から雪の麦草峠 | トップページ | 八千穂高原の雲 »

2007年10月28日 (日)

八千穂の紅葉高原

台風20号一過の八千穂高原の未明の空には雲一つ無く,月も煌々と輝き高原を照らしながら,日の出を迎えようとしている。

710_7106 いつもの八千穂レイクでの朝焼けは期待できない。今日は八ヶ嶺橋で日の出を迎えることにする。

710_7112 西の空には沈もうとしている月が白樺の間から顔を覗かせている。

710_7121 紅葉している高原にそろそろ朝陽があたりだす。

710_7149 御座山からの日の出時刻は6時10分。

710_7151 葉を落とした白樺の白い枝振りが美しく見えるようになってきた。

710_7154 朝陽に照らされた背後の山肌は紅葉の赤が更に赤く染まっている。

710_7157 八ヶ嶺橋が旧道に陰を落としている。普段,気になる電柱や電線も陰八ヶ嶺橋の構造物と同化しているようだ。

710_7160 自然園のカラマツもより赤く色付く。

710_7169 白樺とミズナラの葉が朝陽を照り返す。

八ヶ嶺橋のぐるり一周を観てからは,朝陽が昇りきらないうちに稲子道に移動する。

710_7178 昨夜の台風がもたらした雪は硫黄岳に「鬼顔」を描いている。石楠花尾根の紅葉も見納めか。

710_7190 東天狗岳,稲子岳にも雪が残っている。

710_7205 石楠花尾根を反対側から見る。

710_7211 斜面にはこんなパッチワークで飾られている。

710_7244 この斜面も艶やかだ。

710_7250 稲子岳の雪と石楠花尾根の紅葉とのコラボレーションはなかなか見られない。

710_7259 こちらを見ても残り雪とダケカンバの白い幹が紅葉した木々の色に映えわたる。

710_7280 レストハウスふるさとからは,ステルス艦「浅間」が雲海をかき分けて進んでいるようだ。

710_7265 台風20号は浅間山に雪帽子を被せてくれた。やっぱり雪の浅間山が良いな。

710_7352 紅葉と雪の浅間山も見れるチャンスは少ないように思う。

Cimg3579 余地岩下の紅葉も一気に進んだ。

« 紅葉乗鞍から雪の麦草峠 | トップページ | 八千穂高原の雲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂の紅葉高原:

« 紅葉乗鞍から雪の麦草峠 | トップページ | 八千穂高原の雲 »