« 八千穂の紅葉高原 | トップページ | 八千穂高原の紅葉前線降下 »

2007年11月 3日 (土)

八千穂高原の雲

朝焼けしなかった八千穂高原の空には次から次へと雲が湧き出ていた。飽きることなく,いつまでも上空を見上げていた。

711_7371 今朝の八千穂レイク上空に朝焼けの気配は全くなかった。朝焼けを映し出すレイクの水も無くなっている。去年もこの時季に水が引いていた。

711_7412 八千穂レイクの湖底にはこれほど石があったのか。

711_7382 今朝の雲のお出ましだ。

711_7388 雲の波が押し寄せてきた。

711_7433 まるで,海に漂う流氷が押し寄せてきているようだった。

711_7415 黄葉した落葉松が朝陽を浴びて更に鮮やかに。

711_7424 白樺の黄葉した葉も残り僅か。

711_7460 そろそろ見納めとなるモミジ。

711_7435 先週は残雪と紅葉を見せてくれた稲子岳もすっかり冬の装い。

Dscn0095 八岳の滝付近の葉は既に落ちてしまった。

711_7481 落ちた葉は乗った苔の緑に映えている。

711_7466 今朝も爽やか。

711_7547 朝靄もわずかな時間で消えて行った。

711_7518 この雲もかなり早い速度で流れて行った。

711_7554 速度を変え,

711_7559 形を変え。

« 八千穂の紅葉高原 | トップページ | 八千穂高原の紅葉前線降下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原の雲:

« 八千穂の紅葉高原 | トップページ | 八千穂高原の紅葉前線降下 »