« 子供のように車窓から | トップページ | 朝焼け幻日の八千穂高原 »

2008年1月19日 (土)

冬の朝焼け

気温-11℃。未明の星空を仰ぎ,今日の八千穂高原が見せてくれる朝のドラマに期待して,エンジンをかける。フロントガラスにはワイパーで吹き飛んでしまうような乾燥した雪がうっすらのっているだけ。

801_3223 6時38分。松原湖線から御座山(2112m)を見ると,八ヶ岳上空から東の空に向かって雲の帯が流れている。雲の位置は申し分無いのだが,標高2500~2900m八ヶ岳に吹きつけた冷たい西風によって出来た雲だろうから,雲の高さとしては朝陽を浴びて紅く焼けるには低すぎるような気がしながら,その時を待つ。

801_3232 6時40分。冬の朝焼けはなかなか見られなかったが,久々に感動ものか?

801_3280 6時55分。雲の帯が広すぎて全面が焼けるには至らなかったが,予想外の焼け方に思わず拍手。

801_3302 7時01分。日の出光芒。

801_3319 稲子道に移動して,硫黄岳,東天狗岳,稲子岳を見に行った。先週の霧氷に大勢訪れていたカメラマンも今朝は一人もおられず。

801_3325 東天狗岳の雪斜面に朝陽が当たる。

801_3333 シラビソ?,コメツガ?,樅の木?針葉樹にのった雪も朝陽に照らされて暖かそう。

801_3336 先週,真っ白に霧氷化粧した石楠花尾根も朝陽の当たるカラマツはモヒカンカット。

801_3343 13日に氷上サーキットがオープン?されたが,当日最低気温も-8℃とやや暖かかったため,早朝の冷え込んでた時間だけで,予定より早めにクローズしたが,今日は充分に冷え込んでいるからこれからの時間,皆さん氷上で楽しむのでしょうね。Marronはその前に徒歩で氷上散歩を2~3周。

801_3349 普段,ボートに乗らないと見られない八千穂レイクの風情を楽しむ。

801_3370 この先は,ヒョウタン池や保養所方面から水が流れ込んで来るので氷が薄く危険地帯。

Dscn1161 先週の霧氷が残っている!!実は,八千穂高原スキー場の降雪機が部分的に造り出した霧氷です。空も綺麗だった。

« 子供のように車窓から | トップページ | 朝焼け幻日の八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の朝焼け:

« 子供のように車窓から | トップページ | 朝焼け幻日の八千穂高原 »