« 朝焼け幻日の八千穂高原 | トップページ | 降り続く上越の雪 »

2008年1月26日 (土)

上越のドカ雪

関越自動車道を北上し,沼田,赤城高原を過ぎるころ,それまでの天気と全く変わってくる。関越トンネルをぬけると川端康成の雪国の世界,「トンネルをぬけるとそこは雪国だった」となる。

801_3520_2 塩沢石打ICを降りると,まるで北海道のような雪の大地が広がっていた。

801_3523 空は雪雲に覆われモノトーンの世界が広がっている。

801_3529 上越線の線路脇の杉林に降り積もる雪はまだ増えそうだ。

ビューポイントは【この辺り】

« 朝焼け幻日の八千穂高原 | トップページ | 降り続く上越の雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上越のドカ雪:

« 朝焼け幻日の八千穂高原 | トップページ | 降り続く上越の雪 »