« 雨氷化粧した八千穂高原 | トップページ | 今日も霧氷化粧八千穂高原 »

2008年1月13日 (日)

雨氷霧氷の八千穂高原

気温-10℃。昨日の雨から氷点下の気温に下がって,八千穂高原は様々な冬景色を楽しませてくれた。

801_2500 残念ながら,早朝は上空に雲があり,せっかく霧氷している高原を輝かせてはくれなかったが,稲子湯方面では優しいモノトーンの霧氷を見せてくれた。

801_2502 白樺の枝が白く化粧しているのだが,照明が当てられていなかったのが残念だ。

801_2509 稲子道の両側の落葉松が綺麗に整列している。

801_2523 綺麗なツララも出来上がっている。

801_2533 日の出時刻も過ぎ,雲の合間から晴れ間が覗こうとしている。

Dscn1093 待望の朝陽が雲を押し退け顔を出し始めた。いよいよと言うとき,バッテリー切れ。予備のバッテリーをポケットから出そうと思って,忘れてきたことを思い出す。止むなく,予備カメラでとりあえず。

Dscn1129 バッテリーを交換し,再び高原へ。

801_2575 余地岩下の木々は真っ白な霧氷。

801_2596_2 国道299号線,レイク北線交差点付近では雨氷の白樺純林。

801_2608 白樺の枝は水玉模様。

801_2637 水玉は七色に輝いている。

801_2647 八ヶ嶺橋からは落葉松の枝先がキラキラ。

801_2665 レストハウスふるさと駐車場からの霧氷落葉松は光を受けず輝きが渋い。

801_2668 ドウダンツツジも華やか。

801_2695 残念ながら,浅間山は雲に隠れている。

801_2707 ドウダンツツジに付いた霧氷。

801_2717 八ヶ岳橋付近は光の当たり具合で霧氷の光と影がみられる。

801_2720 陽を浴びると真っ白に見える落葉松の霧氷。

801_2722 山の斜面に添って光を受けてコントラストを強める。

801_2738 時折吹く風が樅の木に薄く積もった雪を吹き飛ばす。

801_2740 冷えた冬空には薄い筋雲が伸びて,落葉松霧氷の白さと合わせて,空の青さがお互いを引き立てる。

801_2755_2 日の出前に見た同じ白樺とは思えない。太陽の光,青い空。

801_2765 北八ヶ岳から伸びてくる二本の筋雲がアクセント。

801_2767 霧氷白樺。

801_2782 空が青く澄み渡っていると,霧氷の白さがいっそう際立ってくる。

801_2789 日の出時刻には隠れていた東天狗岳も顔を出す。上空の帯状の雲は北八ヶ岳を越えて吹き込む西北風にのって流れ込む。

801_2809 石楠花尾根付近の落葉松の白と樅の木の緑の共演。

801_2821 普段は邪魔とも思える手前の落葉松や白樺の枝先も,今日は美しく見せてくれる。左の東天狗岳,右に稲子岳。

801_2818_2 その右にポッツリ出っ張ったニュウ。

801_2827 後ろを振り向けば白樺,落葉松が真っ白にそびえ立つ。

801_2837 レストハウスふるさと付近でも落葉松の枝先は霧氷で美しい。

801_2849 八千穂スキー場下の落葉松に陽が当たって銀色に輝いているようだ。

801_2857 このキラキラを表現できる技術を持ち合わせていない。肉眼ではもっともっと輝いて見えていたのに。

801_2913 八千穂レイク付近では雨氷に覆われたズミ(小梨)の枝が今日も輝いている。

801_2929 八千穂レイク西岸の遊歩道は雨氷で囲まれたおとぎの国の散歩道だった。

801_2964 今は取り壊されてしまった八千穂レイク管理棟横に今も残るミズナラの大樹枝先にもイルミネーションが点灯していた。

801_2971 八千穂レイクからスキー場を見るとその上の剣ヶ峰部分が霧氷。

今日は広い範囲で様々な自然を演出してくれた八千穂高原に感謝。更に,ご覧になりたい方は【ここ】をクリックしてください。

« 雨氷化粧した八千穂高原 | トップページ | 今日も霧氷化粧八千穂高原 »

コメント

GOさん,お久しぶりです。
八千穂高原が霧氷する気象条件を研究されてる甲斐あって,GOさんが霧氷の八千穂高原を訪れる確立が高いですね。
今年の成人の日の三連休は八千穂高原で雨靄,雨氷,霧氷と雪景色より珍しい現象を楽しませてくれました。GOさんがお見えの日も早朝は雲が多く,霧氷もモノトーンの中に隠れていたようでしたが,昼近くになって青空も広がり,陽に照らされて白く輝く落葉松や白樺を見ているとじっとしておれず,高原中をあちらこちらと飛び回っておりましたので,稲子道でも4~5組のカメラマンと何度かすれ違っていましたので気がつきませんでした。今度すれ違うことがありましたらご挨拶いたします。

投稿: Marron | 2008年1月25日 (金) 00時10分

Marronさん、こんにちは。

稲子道入り口の白樺と筋雲は、きっと私が見たときと同じですよね。
あのときに止まっていた四駆がMarronさんですか?
Marronさんのおかげで、あの白樺に気付くことができました。
ありがとうございました。

翌日も、きれいだったようですね。
行きたかったなあ。

これからも八千穂の情報をいろいろと教えてください。

投稿: Go | 2008年1月24日 (木) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨氷霧氷の八千穂高原:

» 八千穂高原の樹氷 [風景日記]
昨日から、樹氷が見られるような予感がしてました。 以前、コラムに書いた「八千穂高原の霧氷の条件」から、八千穂方面の天気予報が、霧氷が着く条件に、ぴったりだったからです。 朝、4時に自宅を出発。国道141の清里から先は、道路に雪が積もっています。日の出... [続きを読む]

受信: 2008年1月24日 (木) 06時09分

« 雨氷化粧した八千穂高原 | トップページ | 今日も霧氷化粧八千穂高原 »