« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月24日 (日)

吹き荒れる冬の嵐

午後から大荒れとなる天気予報が信じられないほど,昨日の午前中は気持ちの良い晴天に恵まれた。予報通り,午後からは雪が降り始め,菅平高原は横殴りの猛吹雪となって,今朝まで続いている。リフトも動かない状況なので,早々に引き上げ八千穂高原に寄り道してみる。

Dscn1420 降り続く雪は強風のため殆ど吹き飛ばされて,車を掘り出す必要は殆どなかったが,宿の出入り口から目の前の車に往復する間に遭難してしまいそう。

菅平口までの下りでは時折吹きつける吹雪に視界を遮られ,ホワイトアウトした対向車が路肩の吹き溜まりに突っ込んだり,溝にタイヤを落として乗り捨ててあったり,久々に見る光景だった。

八千穂高原もこんな状態になっているのか,怖いもの見たさで寄ってみる。

Dscn1495 なんと,八千穂高原は穏やかな様子。八千穂レイクでは相変わらず氷上サーキットが始まろうとしている。

Dscn1491 八千穂高原の白樺純林にも猛吹雪の痕跡など見いだせない。

Dscn1479 笹の葉も風に振り回されたとは思われない。

Dscn1450 レストハウスふるさとを過ぎて,松原湖線に入ると御座山方面も静かな雲が浮かんでいるだけ。

Dscn1429 稲子道に入って,石楠花尾根までは見えるが,硫黄岳,東天狗岳は雲の中。さすがに,八ヶ岳標高の高い部分は嵐の中のようだ。

Dscn1435 稲子道の積雪は強風と低温のおかげか,締まっていて圧雪状態に近く,積雪量は先週より多いのに,先週よりも走りやすい。しかし,所々吹き溜まりが待っているので要注意。

Dscn1437 八岳の滝の入口も訪れる人の足跡が多く残っている。今日は様子見のため素通り。菅平高原の様子からは想像もしなかった穏やかな八千穂高原を見て安心して帰路につく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

菅平高原に向かう朝

出張先の大阪で一仕事終え,週末の菅平高原に向かう朝。

Cimg3674 日の出を待っていたように羽ばたく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

子供の頃を思い出す

Cimg3659 今日も車窓から見える富士山に雲一つない。

Cimg3660 一仕事終え,心地よい疲労感を沈み掛けた夕陽が癒してくれる。

Cimg3664夕焼け空一面を見渡せる場所が残っている。

武蔵野の広い原野で夕暮れ時に日が沈み,暗くなるまで木刀腰に,風呂敷のマントを羽織って走り回っていた小学生の頃,良く見かけた夕焼けの赤い空を思い出してしまった。ビューポイントは【この辺り】

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

厳冬八岳の滝

気温 -9℃。天気予報を信じて全く疑わず,穴蔵を飛び出ると暗黒の夜空から白いものがちらついていた。又しても,飛び出てしまったからには散歩するしかない。

Dscn1395 八千穂高原に上ってみると,気温 -12℃まで冷え込んでいる。小雪の舞う車中にて腹ごしらえしたり,TVを見たりして暇をつぶしていると朝陽が雲間からうっすら顔を覗かせた。

今日の天気ではどこに行けば良いのかな~と,珍しく随分長いこと迷ってしまった。

Dscn1407 昨日行かなかった八岳の滝に向かう。昨日は今の元気が何故でなかったのか不思議なぐらい足どり軽く雪道を歩く。

Dscn1410厳冬の八岳の滝にキングコングが現れたのには驚いた。

802_3847大きな口を開けて片方しか残っていない牙をむき出しにして吠えている。

Dscn1413 胸元には綺麗な氷のマントを羽織っている。

もっとご覧になりたい方は【こちら】をクリックしてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

厳寒続く八千穂高原

気温 -13℃。疲れがとれずに朝焼け時間に遅刻,日の出時間には間に合ったが,八千穂高原に上る途中に見える雲がいい感じに焼けてくる。こんな日に限ってあと10分早く出ていれば良かったのに。

802_3700 カメラを出す前に雲の色はピンク色から黄金色に変わっていた。

802_3712 時折吹く冷たい風が,粉雪を舞い上がらせる。朝陽を浴びた粉雪が落葉松の前で踊っている。

802_3727 除雪されていない稲子道を降りてみた。石楠花尾根に朝陽が当たる。

802_3732 その上の東天狗岳や稲子岳は雲に隠れてる。八岳の滝駐車スペースまで降りてきたが,先週の菅平の寒さがトラウマとなって,寒さに強いはずのMarronが珍しく車をUターンさせてしまった。

802_3754 白樺尾根への入口の白樺も霧氷のときとは違う趣。

802_3757 白樺林床の新雪はウサギ達の絨毯です。

802_3763 駒出池まで降りてきた。

802_3768 先週のように雪もなく風景としては寂しい感じもするが,こんな静けさを独り占めできるのは贅沢だ。

802_3789日も陰り気味,散りばめられたダイヤの輝きも遠慮がち。

802_3798 駒出大橋付近は風が吹かなかったようだ。

802_3802 落葉松の枝先に白いものが残っている。

802_3808 ここだけ輝いているように見えた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

快晴の菅平高原

菅平高原パインピークスキー場三日目は朝から快晴。-19℃の冷えきった空気がなんとも菅平らしくて好きだ。

Dscn1266 夜明け前,宿泊先の村田山荘の窓から見る根子岳,四阿山。

Dscn1284 朝もやの薄い雲が低くたなびく。

Dscn1287二重窓には氷の結晶が外の景色をぼやかしている。

Dscn1305 昨日はもやで隠れていた落葉松林も全貌を見せた。

Dscn1329 八千穂高原からも見える妙高高原はここからもハッキリと見えた。

Dscn1340 昨日行われた回転競技のグランプリコースは快晴の下,スタートハウスからゴールエリアまで全貌が見渡せる。昨日の地獄とは打って変わって天国のようだ。

Dscn1353 今日は東京都スキー連盟公認,若葉スキークラブ主催,第40回WSC競技会二日目の大回転がチャンピオンコースを使って行われた。

Dscn1371 スタートからクワッドリフト降り場までの中緩斜面。

Dscn1374 クワッドリフト降り場からの大斜面。

Dscn1376 大斜面を抜けて緩斜面へのS字カーブを抜けてゴールまでの緩斜面に向かう。

Dscn1349 クワッドリフト降り場からは富士山が見られた。

Dscn1350 氷点下19℃の冷たい空気が創り出す霧氷の姿。

Dscn1368 斑尾高原も落葉松の間から覗けた。

Dscn1384 菅平高原からのお別れは上信越道佐久平PAから八ヶ岳の夕焼けシルエット。

Dscn1386 美ヶ原方面に沈んだ夕陽の余韻を楽しみ,三連休帰宅渋滞に突入。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

菅平らしい極寒の世界

東京都スキー連盟公認,若葉スキークラブ主催,第40回WSC競技会一日目の今日は,生憎の時折強く吹く-19℃極寒の吹雪模様の中で,回転競技が開催された。運営役員は早朝から準備に追われている。大会の様子は残念ながら悪天候のため省略させてもらいました。

Dscn1245 雪の積もった畑の奥のカラ松林が霧氷で真っ白だが,その上には今日の天気を予想させるガスに覆われている。

Dscn1248 落葉松の枝先に着く霧氷の美しさが一段と気温の低さを感じさせる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

八千穂高原から菅平高原へ

建国記念日の三連休は菅平高原に向かう途中八千穂高原に寄り道する。冷え込む割に積雪の少ない八千穂高原も今年はいくぶん多いようだ。

Dscn1241 菅平パインビークスキー場から昨年の夏に歩いた根子岳・四阿山を望む。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

茨木から八千穂へと

何時もの時間に目覚ましが鳴る。

Cimg3626 今朝は鑑賞する時間に余裕がない。

一仕事無事に終えて,週末の八千穂高原へ

802_3675 佐久平PAからの八ヶ岳シルエット。

802_3678 北八ヶ岳の右側の美ヶ原高原付近に夕陽は沈む。

802_3682 夕陽が沈んで見えてきた月は薄い三日月だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

出張朝焼け三日目

今朝も焼けるか関西の空は?

Cimg3617 マンションの部屋の灯も点き始め,

Cimg3618_2 東の空も染まり始めた。

Cimg3622 雲の間から朝陽が射し込もうとしている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

出張朝焼け二日目

出張先のホテルの窓から朝焼け鑑賞。

Cimg3603 2日目は余りパッとしなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

出張先でも朝焼け

出張先のホテルの窓から朝焼けが見られました。

Cimg3590 6時32分。ひょっとしてとは思ったが,まさか朝焼けが気軽に部屋の窓から見られるとは思わなかった。

Cimg3598 6時58分。シャワーを浴びて戦闘開始モードに入っていざ出陣。と,思ったら東の雲がいい感じ。

Cimg3600 7時 8分。ここは茨木,八千穂高原より7分程遅い日の出時刻。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

雪の残った横浜丘陵地

自宅付近の横浜丘陵地には昨日の大雪(関東地方としては)が残っていた。

Dscn1226 朝焼けも終わるころ,

Dscn1230 朝陽が射し込み,

Dscn1236 新たな週が始まった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

八千穂高原も大雪

気温 -5℃。北上した低気圧に向けて北の高気圧からの寒気が日本列島に吹き込み,関東でも大雪の一日となった。八千穂高原では乾燥雪が多少降る程度かな? と,軽く考えて夜明け前の目覚ましで穴蔵を出てしまって,ビックリ。外は,シンシンと雪が降っている。出たものはしょうがない,以前雨の日も出てしまって高原を散歩したけれど,今日も雪の降る中遊び回ってこよう。

Dscn1200 雪雲で暗い八千穂高原の白樺林にいつもの細かい乾燥雪と違って,大粒の湿雪が降り続く。

802_3668 駒出池の小島周囲は凍った氷上に雪が積もり歩いて行けそうな気になってしまう。

802_3658 ドウダンツツジの枝先に降り積もる雪花がモノトーンの世界に彩を添えているようだ。

802_3650 氷華の面影も降り続く新雪に隠れてしまう。

802_3622 昨日より氷は溶けているように思える。

802_3643 松の枝先が湖面に伸びる。

802_3670_2 小川の小石たちにも綺麗な雪帽子を被せてもらっている。

Dscn1188 北レイク線下の交差点では保養所に向かう冬季通行止めの道路を利用してチームアージュ主催の八千穂レイク氷上走行会のエントリー車が準備をしている。

Dscn1199 レイクに入ってきた15~16台のエントリー車がペースカーの先導でコースの下見(カンジュク走行とマイクで言っていた,スキーではインスぺクション)走行が始まった。この後,コース内に3~4台ほど出走し,各車おもいおもいのもてる技術を駆使していかに早くコースを一周するか,腕を磨いている。見ていて,面白いがハンドルを握っている人たちはもっと面白いのだろうと,自分もその気になって見守った。

この雪は降り続き,昼前には既に帰路に使っている関越自動車道が通行止めの情報が入ってきた。中央自動車道も八王子まで行けない。昨年台風の通過で中央高速通行止め,上野原付近の国道20号線で一晩車中に閉じ込められたことを思い出し,途中から東富士五湖道路を使って東名から帰宅するルートを選択。早めに,八千穂とお別れする。

都会の交通機関は雪に弱い。道路公団も事故を未然に防ぐ目的で,早めに通行止めにしてしまう。止むなく走る一般道では,タイヤチェーンや冬タイヤを装着していない車が,わずかな坂道でもコントロール不能になって,道路のど真ん中で放置されてしまう。雪国では考えられない事態が起きてしまう。

国道141号線を中央道長坂,須玉方面に向かう道路は雪景色を楽しむ快適ドライブ。中央高速でも大月JCから河口湖方面に特に問題なく走行してきたが,河口湖料金所手前で渋滞。東富士五湖道路では一列渋滞の車列で両脇の雪見見物にはちょうど良いスピードで快適な雪景色を見ることができた。

東名に入った途端,横転転覆事故のため追い越し車線規制中の情報が飛び込む。これも雪による事故かと思いつつ,これからが都心に向かう雪による渋滞の始まりと予測し,

Dscn1203 足柄SAにて休憩を撮る

Dscn1215 箱根方面の明神ヶ岳だろうか,山頂は雪雲に覆われ,今でも降っていることが肉眼で見える。

交通情報に驚かされて八千穂を昼前に出てきてしまったが,雪による大渋滞かと思いきや,暗くなる前に着いてしまった。肩すかしを食らって,本日終了。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

冬の高原池巡り

二週間ぶりに訪れた八千穂高原は-11℃と冷えきっていた。早朝の散歩をパスして八千穂スキー場で一汗かいた後,八千穂高原の夕方散歩は八千穂レイク・駒出池の高原池巡りとなった。

802_3541 いつもの堤からではなく氷上に立って剣ヶ峰を見上げる。氷上に積もった雪は氷上ラリーのコースに積み上げられている。

802_3536 プロクルーズ主催の氷上走行会が終わった後の八千穂レイクにはドリフト走行の轍が残っている。

802_3553 八千穂レイク氷上からの余地岩は一本角のサイが頭を左にして臥せているように見える。

802_3589 駒出池のバーベキューハウスの屋根からは細く長い氷柱が垂れ下がり,下には氷筍が成長し,数本上下でつながってしまった。

802_3616 真冬とは思えない青々とした藻が池を緑色に見せる。

802_3610 水辺に映る白樺の木々も寒々としている。

802_3613 昼に気温が緩むと薄氷の上の氷華は姿を消す。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »