« 菅平らしい極寒の世界 | トップページ | 厳寒続く八千穂高原 »

2008年2月11日 (月)

快晴の菅平高原

菅平高原パインピークスキー場三日目は朝から快晴。-19℃の冷えきった空気がなんとも菅平らしくて好きだ。

Dscn1266 夜明け前,宿泊先の村田山荘の窓から見る根子岳,四阿山。

Dscn1284 朝もやの薄い雲が低くたなびく。

Dscn1287二重窓には氷の結晶が外の景色をぼやかしている。

Dscn1305 昨日はもやで隠れていた落葉松林も全貌を見せた。

Dscn1329 八千穂高原からも見える妙高高原はここからもハッキリと見えた。

Dscn1340 昨日行われた回転競技のグランプリコースは快晴の下,スタートハウスからゴールエリアまで全貌が見渡せる。昨日の地獄とは打って変わって天国のようだ。

Dscn1353 今日は東京都スキー連盟公認,若葉スキークラブ主催,第40回WSC競技会二日目の大回転がチャンピオンコースを使って行われた。

Dscn1371 スタートからクワッドリフト降り場までの中緩斜面。

Dscn1374 クワッドリフト降り場からの大斜面。

Dscn1376 大斜面を抜けて緩斜面へのS字カーブを抜けてゴールまでの緩斜面に向かう。

Dscn1349 クワッドリフト降り場からは富士山が見られた。

Dscn1350 氷点下19℃の冷たい空気が創り出す霧氷の姿。

Dscn1368 斑尾高原も落葉松の間から覗けた。

Dscn1384 菅平高原からのお別れは上信越道佐久平PAから八ヶ岳の夕焼けシルエット。

Dscn1386 美ヶ原方面に沈んだ夕陽の余韻を楽しみ,三連休帰宅渋滞に突入。

« 菅平らしい極寒の世界 | トップページ | 厳寒続く八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 快晴の菅平高原:

« 菅平らしい極寒の世界 | トップページ | 厳寒続く八千穂高原 »