« ガスの晴れない志賀高原 | トップページ | 寄り道は佐久市桜巡り »

2008年4月26日 (土)

八千穂里山に遅い春の訪れ

スキーシーズンに別れを告げ,いよいよ八千穂高原の春を求めて,楽しくフィールドを駆け回る季節となった。八千穂の里山で桜が咲き始め,佐久市田口の龍岡城五稜郭や佐久市新子田の長野牧場では満開の桜並木を楽しめた。

804_4938 今朝の日の出は八千穂里山の桜の下で迎えることにした。

804_4958 東の空が少し色付き始めた。

804_4961 日の出時刻を過ぎたが,朝陽は顔を出さず。

804_4973 空も,桜もピンク色。

804_4986 遅い里山の満開桜。

804_5001 ウグイスの鳴き声が遠くで,近くで競い鳴き。

804_5030 こちらは,見事な墓守一本しだれ桜。

804_5052 こんなところで弁当を拡げて食べれば美味しいだろうな~。

804_5055 完成した駒出池のツリーデッキ?見晴らしも良いとはいえないのだが,真の目的は?

804_5061 駒出池の緑も木々の新緑の季節を待ってるよ。

804_5071 八千穂レイクの氷はすっかり溶けて,いよいよ朝焼けシーズンの舞台準備が整ったようだ。

夕方は,既に桜も散っているのではないかと思いつつ,龍岡城五稜郭に寄ってみる。

804_5078 お掘りの水面には散った花びらが浮いていて,満開を過ぎてはいたが,散り盛りの桜も風に吹かれて,桜吹雪が舞っていた。

804_5098 とはいっても,若木にはまだまだ元気な花がいっぱい付いていて,来週まで楽しめそうだ。

804_5106 こちらは,長野牧場の桜並木。お花見の宴会も終焉を迎えて,片付けを始める最後のグループが片隅で頑張っていた。

804_5115 昼間は暖かかったのだろうが,夕方には冷たい風が吹く。

804_5129 最後の花見客も帰り,静かな山羊たちの憩いの場に戻っていく。

804_5156 淡い照明に浮きでるシダレ桜も風に揺れている。

804_5165 ライトアップと言うほどの物でも無いようだが,夜空に浮きでる夜桜も粋なもの。

804_5174 数人の夜桜見物客がすれ違うだけの静かなひととき。

« ガスの晴れない志賀高原 | トップページ | 寄り道は佐久市桜巡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂里山に遅い春の訪れ:

« ガスの晴れない志賀高原 | トップページ | 寄り道は佐久市桜巡り »