« 八柱山の残雪山歩き | トップページ | 北八ヶ岳残雪山歩き »

2008年4月 6日 (日)

足踏みする八千穂高原の春

八千穂高原の朝は気温 -4℃。春の訪れはもう少し先になりそうだ。

803_4797 4時58分。白み始めた東の空はピンク色に染まってきた。

803_4817 5時20分。手前の山並みの重なり具合のグラデーションの美しさを見直した。

803_4821 5時21分。日の出も間近。

803_4837 5時29分。

803_4845 稲子道に移動し,石楠花尾根の朝陽にピンクに色付くダケカンバの木々を見る。

803_4850_2 落葉松純林も,より赤く。

803_4863 八千穂高原中央の野外ステージ前の雪も消えていく。

803_4866 八千穂レイク北側の白樺林床の,レンゲツツジが早く咲くように,雪もほとんど消えてくれた。

803_4875 -4℃に冷えた熊笹の葉に残る霜も朝陽に照らされて直ぐに消えていく。

803_4881 昨日見下ろした八千穂レイクの湖畔に立ち,

803_4883 八柱山を仰ぎ見る。

803_4877 白く雪の残る沢の左側のからまつ尾根を登っていった。

« 八柱山の残雪山歩き | トップページ | 北八ヶ岳残雪山歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 足踏みする八千穂高原の春:

« 八柱山の残雪山歩き | トップページ | 北八ヶ岳残雪山歩き »