« 足踏みする八千穂高原の春 | トップページ | うぐいす初鳴き »

2008年4月12日 (土)

北八ヶ岳残雪山歩き

先週の八柱山に消化不良を覚え,今日は早めに出発し,花木園に車を止め,八ヶ嶺橋からスキー場脇を登り,剣ヶ峰で八千穂高原を一望し,諏訪門から冬季閉鎖中で歩行者天国となっている国道299号線経由,白駒の池,麦草峠越え,雨池方面から大石川林道を滑り降りてきた。

Dscn1556 剣ヶ峰から八千穂高原を見下ろす。手前の白い部分の八千穂高原スキー場に雪は充分に残っているのだが,先月でリフトは営業終了。中央の白い部分は八千穂レイク湖面に残る氷。奥の荒船山は霞んで見える。

Dscn1584 路肩には1.5m以上の積雪が残っている。道路は明日のツールド八ヶ岳に備え除雪もしっかりされている。

Dscn1590 白駒の池への入口も看板のの字が雪に埋もれている。

Dscn1591 山小屋関係者の車は完全に雪の中に埋もれて,屋根しか見えない。不思議なのは,屋根に積もった雪の量。白駒の池の駐車場は麦草峠のゴールまであと500m。明日の選手を応援したい。

Dscn1595 ツールド八ヶ岳のゴール地点(ハーフはスキー場まで)麦草峠2127m地点。

Marronはこの後,昼食をとってスキーに履き替え,茶水の池から雨池方面,大石川林道を滑り降りて行く。

【山歩き】の記録は,後日掲載。

« 足踏みする八千穂高原の春 | トップページ | うぐいす初鳴き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北八ヶ岳残雪山歩き:

« 足踏みする八千穂高原の春 | トップページ | うぐいす初鳴き »