« 北八ヶ岳残雪山歩き | トップページ | 志賀高原は霧の中 »

2008年4月13日 (日)

うぐいす初鳴き

曇り空の朝焼けを期待したが,雲が思ったより厚すぎて八千穂高原での朝日の出は遅かった。

804_4893 北の空に雲の切れ目から夜明けが始まった。

804_4925 雲の切れ目が少し明らむ程度の時刻には今年初めてのウグイスの鳴き声が聞こえ始めた。レストハウスふるさと付近で聞き覚えたホウジロに混じって鳴くウグイスは10羽ほどいるようだ。

Dscn1664 本日開催のツールド八ヶ岳の開催前に冬季通行止期間中のゲートを係員が開けに来た。あと二時間もすると大勢のアスリート達が自転車で上ってくる。大会が終わると再び閉鎖し,4月17日の開通まで一般車の通行止めが続く。

Dscn1665 今冬の積雪は多く,3月いっぱいでリフト運行を終えた,八千穂高原スキー場ゲレンデには十分に滑れる雪が残っている。

Dscn1666 八千穂レイクの湖面にも白く一面に氷が残っている。

Dscn1670湖面の氷が完全に溶けるのはあと二週間ぐらいだろうか。正面奥は昨日登った剣ヶ峰。

Dscn1671 正面奥は先週登った八柱山。

Dscn1672 八千穂レイク土手の外側に雪解け水が池のように溜まっている。

Dscn1675 八千穂レイク南岸の氷が溶けていた。このぶんなら二週間とかからずに氷は溶け切るかもしれない。

Dscn1678 雪が融けて,八千穂レイク公園の工事か一気に進むことを願う。工事が始まって既に2年が経っている。

Dscn1679 ひょうたん池周りにも木っ端が敷きつめられる遊歩道ができる。

Dscn1680 管理棟からノンビリこんな景色を楽しめるようになるのは今年の夏か?来年になってしまうのだろうか。

Dscn1681 ここにも,遊歩道に敷きつめる木っ端が小山のように積まれている。

Dscn1682 新たに造られた石積みの土手が公園の雰囲気を出してくれるのか。

Dscn1683 灌漑用に使われて水位が下がっているのだろう。露出した湖底には鹿の足跡が残る。

Dscn1687 ボチボチ八千穂レイクで朝焼けを迎えるシーズンになってきた。

Dscn1695 雲に隠れた,日もだいぶ,高くなってきた。

Dscn1692 日の当たらない白樺も本来の白さを取り戻しているようだ。

Dscn1668 ミツバツツジの貴婦人もそろそろお目覚めかな?

« 北八ヶ岳残雪山歩き | トップページ | 志賀高原は霧の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うぐいす初鳴き:

« 北八ヶ岳残雪山歩き | トップページ | 志賀高原は霧の中 »