« 霧も遊びに来た八千穂高原 | トップページ | 雨の降り続いた八千穂高原 »

2008年5月30日 (金)

八千穂高原撮影会

今日からヤチホドットコム井出さんの八千穂高原撮影会に参加した。集合時間の16時までには時間があるので午前中に何時ものように一人で八千穂高原を散歩した。

805_6070 駒出道のドングリ林には鮮やかな色で目立っているヤマツツジが残っている。

805_6085 ミズナラの雑木林も新緑に覆われ,目の疲れを癒してくれているようだ。

805_6157 八千穂レイク付近に薄く霧が流れてきたので,ミツバツツジ貴婦人に行ってみる。保養所上の道路には車が3台ほど止まっていたが,貴婦人の前には誰もいない。特等席にカメラをセットして2~3枚ほど撮っていると,期待通り霧が昇ってきた。すると,車の中からカメラマンが一斉に傍に寄ってきて,一緒に撮影開始。

805_6187 霧は暫くの間,薄くなったり,

805_6193 濃くなったりしながらも,八千穂高原を優しく包んでいた。

805_6196 写真の宿【閑人舎】の前の落葉松純林でも霧が舞っていた。

805_6208 レイク北線周囲の白樺純林でも,

805_6214 1分後には霧が舞い込んできた。

805_6295 16時閑人舎集合予定の八千穂高原撮影会は,高原に上ってくる途中の井出さんからの「霧が舞って貴婦人を撮るなら今ですよ」の連絡で,急遽,ミツバツツジ貴婦人撮影で幕を開けた。

佐久穂町観光協会の真面目な好青年小池さんも【☆府中市民保養所上ミツバ☆取材】に訪れていた。

805_6299 閑人舎で夕食後,青紫色のミツバツツジを撮ろうと19時30分からの懐中電灯照明も使った夜間撮影となった。

« 霧も遊びに来た八千穂高原 | トップページ | 雨の降り続いた八千穂高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八千穂高原撮影会:

« 霧も遊びに来た八千穂高原 | トップページ | 雨の降り続いた八千穂高原 »