« 八千穂高原撮影会 | トップページ | 雨上がりの八千穂高原の朝 »

2008年5月31日 (土)

雨の降り続いた八千穂高原

八千穂高原撮影会二日目は激しい雨音で目が覚めた。午前中は【閑人舎】地下室にある【井出和彦デジタル風景写真Gallery】で井出さん撮影の高画質大判プリントや参加者持参のプリントを見ながらの講義を受け,美しいものを美しく撮る技術を学ぶ。美しいものを美しく感じる感性に乏しいことも学んだ。スキー場レストランジョイナスの山菜蕎麦で腹ごしらえし,雨の八千穂高原撮影会は駒出池,茨沢ミツバツツジ,八岳の滝を廻る。

805_6325 駒出池湖畔のズミの白,ヤマツツジの赤,新緑の緑が雨に濡れて本来の色を見せている。

805_6415 先週は赤い蕾だったのに,今日は満開になっている。

805_6391 今までは,人を入れないように撮っているのだが,これは微笑ましく思えた。

805_6334 駒出池シンボルの枯木前のレンゲツツジの蕾がそろそろ開こうとしている。

805_6352 ヤマツツジはそろそろ終わりに近付いている。

805_6355 湖畔のミツバツツジは既に終わり,また来年も八千穂高原で最初に彩を添えてくれるだろう。

805_6361 池の小島のミツバツツジから湖畔のレンゲツツジへと彩のリレーが続く。

805_6367 白樺の根元にはキショウブが毎年少しずつ増えてきているようだ。

805_6379 湖畔にはクリンソウも点在している。花は上へ上へ移動しながら開花するのでまだ暫くは楽しめる。

駒出池を後にミツバツツジ群生地へと移動する。茨沢川沿いに10分程,新緑の森林浴を楽しみながら,八ヶ岳線茨沢林道を歩く。

805_6427荒倉川対岸に見えるミツバツツジは例年に比べて花付が悪い。

805_6436 チラホラ点在するだけだった。

来年に期待しながら,茨沢林道を散歩して,車に乗り換え八岳の滝へと移動する。

805_6451 新緑の八岳の滝は今までと何かが違う。滝の上部の岩が崩れたとの話だったが,確かに滝の最上部の岩が無くなって,滝壺には人の胴体ほどの岩がいくつかゴロゴロ転がっていた。水の流れが右に反れることなく真下に多く流れ,右側の流れがアクセントになっている。

滝の,左側の岸壁の一部も崩壊し,安定するまでは暫く危険な状態。

805_6460 崩れた後の新たな流れ。

805_6505 今までの黒い丸石の上に角張った新たな岩が覆い被さってしまった。虹と岩との新しい作品を見るようになる。

805_6466 ここに流れ込む水量が増えたので以前とまた違う趣となった。

805_6481 この辺は以前と変わらずでしょうか。

« 八千穂高原撮影会 | トップページ | 雨上がりの八千穂高原の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の降り続いた八千穂高原:

« 八千穂高原撮影会 | トップページ | 雨上がりの八千穂高原の朝 »