« 八千穂レイクの涼しい朝 | トップページ | 八千穂レイクの朝散歩 »

2008年7月26日 (土)

コオニユリも咲き始める

今週も懲りずに八千穂レイクの朝焼けからスタート

807_9156 今朝の雲は随分と低く,朝焼けは期待薄。

807_9174 湖面を柔らかな風が撫で始める。

807_9186 八千穂レイクでの日の出時刻は4時56分。

807_9196 今年もひょうたん池に咲いたコオニユリ。

807_9202 開いたばかりの花弁は先端が未だカールしきっていない。

807_9224 何時もは,一番高い落葉松に留まっているアオサギだろうか。今朝は蒲の草むらで朝陽を浴びていた。

807_9260 何時もは,動かずにじっとしているので一枚しか撮らないが,

807_9263 今朝は,左を向いてい方と思うと,右を向いてくれ,

807_9266 首を引っ込めたり,

807_9275_2 延ばしたり,いろいろなポーズをとってくれた。初めてバードウォッチングして,楽しんだ。これにはまると大砲のようなレンズが欲しくなるので,止めにして,フラワーウォッチングに切り換える。

807_9300 咲き始めのノアザミ。

807_9306 シモツケ

807_9309 ヤマホタルブクロ

807_9318 ヤマガラシ

807_9327 トモエソウ

807_9330 ヤナギラン

八千穂レイクのお花畑で朝の散歩はおしまい。昼を過ぎてから,再び八千穂レイクを散歩する。

Dscn1908 レイク入口付近の白樺純林。

Dscn1859 ひょうたん池の釣りっ子ランドでは家族連れがニジマスを釣っている。

Dscn1862 朝焼けのステージも昼には管理釣り場のウェーディングゾーンで腰まで浸かってフライを投げている。

Dscn1865 釣り桟橋も空きが無く湖面全体に釣り人が楽しんでいる。

Dscn1873 暑さで一休みのアキアカネ。

竿を出していると暑さを忘れるのですが,散歩するには暑すぎるので,八岳の滝に涼みに行ってみます。

Dscn1878 葉っぱだけでは区別がつかない植物音痴のMarronです。恐らく白い花でも咲くのだろうが,シシウドではないはず。

Dscn1880 あ~。やっぱり涼し~い~。

Dscn1893 このゴツゴツとした大きな落石がなんとも未だ馴染めない。

« 八千穂レイクの涼しい朝 | トップページ | 八千穂レイクの朝散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コオニユリも咲き始める:

« 八千穂レイクの涼しい朝 | トップページ | 八千穂レイクの朝散歩 »