« ふるさとで朝を迎える | トップページ | 穏やかな一日の始まりはレイクから »

2008年9月21日 (日)

立山室堂から内蔵助山荘へ

標高3,000m付近での夕焼けと朝焼けが見たくて,東西が見通せる適当な場所を探して,真砂岳付近の内蔵助山荘に行ってみた。

大町から扇沢始発のバスに乗り込む。扇沢⇒黒部ダムはトロリーバス。

Dscn1986_0750 7時50分。トロリーバスから地下ケーブルカー乗り場まで黒部ダムの上を急ぎ足で駆け抜ける。

黒部湖⇒黒部平は地下ケーブルカー,黒部平⇒大観峰は空中ケーブル,大観峰⇒室堂は以前はトンネルディーゼルバスだったが,今は環境問題でトロリーバスに変わっている。

室堂で雨・防風に合羽を着込み,準備万端,一ノ越から雄山を目指す。

Dscn1992_1009 10時 9分。祓堂を過ぎた辺りの右手浄土山からの万年雪が残っている。

Dscn1998_1110 11時10分。一ノ越から雄山を見上げる。今は,天気が良くないが,明日は回復するはずだ。と,希望的観測で行け行けどんどん。

Dscn2000_1118 11時18分。ニノ越し辺りから室堂平を俯瞰する。

Dscn2008_1142 11時42分。三の越し辺りから登ってきた一の越しを振り返る。

Dscn2014_1146 11時46分。冷たい小雨が降り続く。室堂平がだんだん小さく見えていく。

13時15分。雄山(3,003m)で昼食。雨は止んだが,雲の中に入ってしまった。

Dscn2031_1335 13時35分。雄山神社の鳥居の横を通り抜け,大汝山方面に向かう。

Dscn2035_1415 14時15分。悪天候のため大汝山山頂(3,015m)を巻いて,富士の折立方面に向かう。

Dscn2036_1539 15時39分。真砂岳(2,850m)山頂。ガスって何も見えず。

Dscn2042_1543 15時43分。内蔵助カール。

16時。山荘到着。濡れた衣類を乾かし,冷えた体を暖める。カメラ・三脚はリュックから出さず仕舞い。夕焼けもお預け。本日,惨敗。

« ふるさとで朝を迎える | トップページ | 穏やかな一日の始まりはレイクから »

コメント

hide.iさん,こんばんは。
画像のBBSはもう一人のhiroさんとワイワイやっています。
【独り言】の更新が2ヶ月ほど遅れていまして,ナカナカ追いつきません。途中省いて最新情報を掲載していこうかと企んでいます。
八千穂高原の紅葉も終焉で,高原全体が霧氷に覆われるまでの中休みになりました。高原中を走り回るために体力を蓄えておきます。
それでも,朝晩冷え込んで,先週末も5℃を下回ってきました。hide.iさんも体調を崩さないようお気をつけ下さい。

投稿: Marron | 2008年11月 5日 (水) 22時55分

Marronさん、こんばんは。画像のBBSが賑わっていますね。お久しぶりです。またまた霧氷期待の八千穂の季節がやってきましたね。いつもすばらしい情報を期待しています。今シーズンもよろしくお願いします。

投稿: hide.i | 2008年11月 5日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山室堂から内蔵助山荘へ:

« ふるさとで朝を迎える | トップページ | 穏やかな一日の始まりはレイクから »